Skip to main content

ストレージ容量の増加

Gitリポジトリ、データベース、検索インデックス、その他の恒久的なアプリケーションデータに利用できるストレージの量は、追加あるいは変更できます。

警告: 新しいリソースの割り当てプロセスは、仮想化プラットフォームやリソースの種類によって様々です。 重要なシステムリソースのモニタリングとアラートは、必ず設定しておいてください。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Serverアプライアンスのモニタリング」を参照してください。

GitHub Enterprise Serverインスタンスに参加するユーザが増えるにつれて、ストレージボリュームをリサイズする必要があるかもしれません。 ストレージのリサイズに関する情報については、使用している仮想化プラットフォームのドキュメンテーションを参照してください。

要求及び推奨事項

Note: Before resizing any storage volume, put your instance in maintenance mode. You can validate changes by configuring an IP exception list to allow access from specified IP addresses. For more information, see "Enabling and scheduling maintenance mode."

最小要件

ユーザライセンスvCPUsメモリアタッチされたストレージルートストレージ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ432 GB150 GB200 GB
10-3000848 GB300 GB200 GB
3000-50001264 GB500 GB200 GB
5000-80001696 GB750 GB200 GB
8000-10000+20160 GB1000 GB200 GB

データパーティションサイズの増加

  1. 仮想化プラットフォームのツールを使用して、既存のユーザーボリュームのディスクのサイズを変更します。

  2. GitHub Enterprise ServerインスタンスにSSHでアクセスしてください。 If your instance comprises multiple nodes, for example if high availability or geo-replication are configured, SSH into the primary node. If you use a cluster, you can SSH into any node. For more information about SSH access, see "Accessing the administrative shell (SSH)."

    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
  3. アプライアンスをメンテナンスモードにしてください。 詳しい情報については"メンテナンスモードの有効化とスケジューリング"を参照してください。

  4. アプライアンスを再起動して、新しいストレージ割り当てを検出します。

    $ sudo reboot
  5. ghe-storage-extend コマンドを実行して、/data/user のファイルシステムを拡張します。

    $ ghe-storage-extend

新しいアプライアンスを使用したルートパーティションサイズの増加

  1. 現在のアプライアンスと同じバージョンを使用して、より大きなルートディスクで新たな GitHub Enterprise Server をセットアップします。 詳細は「GitHub Enterprise Serverインスタンスをセットアップする」を参照してください。
  2. 現在のアプライアンスをシャットダウンします。
    $ sudo poweroff
  3. 使用している仮想化プラットフォームのツールを使い、現在のアプライアンスからデータディスクをデタッチします。
  4. 大きなルートディスクを持つ新しいアプライアンスにデータディスクをアタッチします。

既存のアプライアンスを使用したルートパーティションサイズの増加

Warning: Before increasing the root partition size, you must put your instance in maintenance mode. 詳しい情報については"メンテナンスモードの有効化とスケジューリング"を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server アプライアンスに新しいディスクを取り付けます。

  2. Run the lsblk command to identify the new disk's device name.

  3. Run the parted command to format the disk, substituting your device name for /dev/xvdg:

    $ sudo parted /dev/xvdg mklabel msdos
    $ sudo parted /dev/xvdg mkpart primary ext4 0% 50%
    $ sudo parted /dev/xvdg mkpart primary ext4 50% 100%
  4. To stop replication, run the ghe-repl-stop command.

    $ ghe-repl-stop
  5. ghe-upgrade コマンドを実行して、完全なプラットフォーム固有のパッケージを新たにパーティション分割されたディスクにインストールします。 github-enterprise-2.11.9.hpkg などのユニバーサルなホットパッチのアップブレードパッケージは、期待通りに動作しません。 After the ghe-upgrade command completes, application services will automatically terminate.

    $ ghe-upgrade PACKAGE-NAME.pkg -s -t /dev/xvdg1
  6. アプライアンスをシャットダウンします。

    $ sudo poweroff
  7. ハイパーバイザーで、古いルートディスクを取り外し、古いルートディスクと同じ場所に新しいルートディスクを取り付けます。

  8. アプライアンスを起動します。

  9. Ensure system services are functioning correctly, then release maintenance mode. 詳しい情報については"メンテナンスモードの有効化とスケジューリング"を参照してください。

If your appliance is configured for high-availability or geo-replication, remember to start replication on each replica node using ghe-repl-start after the storage on all nodes has been upgraded.