Skip to main content
We publish frequent updates to our documentation, and translation of this page may still be in progress. For the most current information, please visit the English documentation.

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2023-01-18. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

フォーク用のリモート リポジトリの構成

オリジナルのリポジトリとフォーク内で行った変更を同期するために、Git の上流リポジトリをポイントするリモートを構成する必要があります。 これにより、オリジナルのリポジトリ内で行った変更をフォークと同期することもできるようになります。

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。
  2. フォーク用に現在構成されたリモートリポジトリを一覧表示します。
    $ git remote -v
    > origin  https://HOSTNAME/YOUR_USERNAME/YOUR_FORK.git (fetch)
    > origin  https://HOSTNAME/YOUR_USERNAME/YOUR_FORK.git (push)
  3. フォークと同期する、新しいリモートの "上流" リポジトリを指定します。
    $ git remote add upstream https://HOSTNAME/ORIGINAL_OWNER/ORIGINAL_REPOSITORY.git
  4. フォーク用に指定した新しい上流リポジトリを検証します。
    $ git remote -v
    > origin    https://HOSTNAME/YOUR_USERNAME/YOUR_FORK.git (fetch)
    > origin    https://HOSTNAME/YOUR_USERNAME/YOUR_FORK.git (push)
    > upstream  https://HOSTNAME/ORIGINAL_OWNER/ORIGINAL_REPOSITORY.git (fetch)
    > upstream  https://HOSTNAME/ORIGINAL_OWNER/ORIGINAL_REPOSITORY.git (push)