Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-09-28. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

API プレビュー

API プレビューを使用して新機能を試し、これらの機能が正式なものになる前にフィードバックを提供できます。

API プレビューを使用すると、正式に GitHub API の一部になる前に、新しい API や既存の API メソッドへの変更を試すことができます。

プレビュー期間中は、開発者からのフィードバックに基づいて機能を変更することがあります。 変更を行う際には、事前の通知なく開発者ブログで発表します。

API プレビューにアクセスするには、自分の要求の Accept ヘッダーにカスタムのメディアの種類を指定する必要があります。 各プレビューの機能ドキュメントに、どのカスタムメディアタイプを提供するのかが示されています。

強化されたデプロイメント

より多くの情報と細かい粒度でデプロイをより細かく制御します。

カスタムのメディアの種類: ant-man-preview 発表日: 2016-04-06

リアクション

コミット、問題、コメントのリアクションを管理します。

カスタムのメディアの種類: squirrel-girl-preview 発表: 2016-05-12 更新: 2016-06-07

タイムライン

問題または pull request のイベントの一覧を取得します。

カスタムのメディアの種類: mockingbird-preview 発表日: 2016-05-23

プロジェクト

プロジェクトを管理します。

カスタムのメディアの種類: inertia-preview 発表: 2016-09-14 更新: 2016-10-27

コミット検索

コミットを検索します

カスタムのメディアの種類: cloak-preview 発表: 2017-01-05

リポジトリトピック

リポジトリの結果を返す呼び出しリポジトリ トピックの一覧を表示します。

カスタムのメディアの種類: mercy-preview 発表: 2017-01-31

行動規範

すべての行動規範を表示するか、リポジトリに現在含まれる行動規範を取得します。

カスタムのメディアの種類: scarlet-witch-preview

グローバル webhook

組織ユーザーのイベントの種類に対してグローバル Webhook を有効にします。 この API プレビューは GitHub Enterprise Server でのみ使用できます。

カスタムのメディアの種類: superpro-preview 発表日: 2017-12-12

署名済みコミットの必須化

これで、API を使用して、保護されたブランチで署名済みコミットを必須にするための設定を管理できるようになりました。

カスタムのメディアの種類: zzzax-preview 発表: 2018-02-22

複数の承認レビューの必須化

API を使用することで、pull request に対して複数の承認レビューを要求できるようになりました。

カスタムのメディアの種類: luke-cage-preview 発表日: 2018-03-16

プロジェクトカードの詳細

issue イベントissue タイムライン イベント の REST API 応答から、プロジェクト関連のイベントの project_card フィールドが返されるようになりました。

カスタムのメディアの種類: starfox-preview 発表日: 2018-09-05

デプロイメントステータス

これで、デプロイ状態environment を更新し、in_progressqueued の状態を使用できるようになりました。 デプロイの状態を作成する際に、auto_inactive パラメーターを使用して古い production デプロイを inactive として使用できるようになりました。

カスタムのメディアの種類: flash-preview 発表日: 2018-10-16

リポジトリの作成権限

Organization メンバーによるリポジトリの作成可否、および作成可能なリポジトリのタイプを設定できるようになりました。 詳細については、組織の更新に関するページを参照してください。

カスタムのメディアの種類: surtur-preview 発表: 2019-12-03

コンテンツの添付

Content Attachments API を使用して、登録されたドメインにリンクする URL の詳細情報を GitHub で提供できるようになりました。 詳細については、「添付コンテンツを使用する」を参照してください。

カスタムのメディアの種類: corsair-preview 発表: 2018-12-10

Pages の有効化と無効化

Pages API の新しいエンドポイントを使用して、Pages を有効または無効にすることができます。 Pages の詳細については、GitHub Pages の基本に関するページを参照してください。

カスタムのメディアの種類: switcheroo-preview 発表: 2019-03-14

コミットのブランチまたはプルリクエストの一覧表示

Commits API で 2 つの新しいエンドポイントを使用して、コミットのブランチまたは pull requests を一覧表示できます。

カスタムのメディアの種類: groot-preview 発表: 2019-04-11

新しいエンドポイントを使用することで、アップストリーム ブランチの HEAD からの変更で pull request ブランチを更新することができます。

カスタムのメディアの種類: lydian-preview 発表: 2019-05-29

リポジトリテンプレートの作成および使用

新しいエンドポイントを使用すると、テンプレートを使用してリポジトリを作成したり、is_template パラメーターを true に設定して認証済みユーザー用のリポジトリを作成したりできます。 リポジトリを取得することで、is_template キーを使用してそれがテンプレート リポジトリとして設定されているかどうかを確認できます。

カスタムのメディアの種類: baptiste-preview 発表: 2019-07-05

Repositories API の新しい可視性パラメータ

Repositories API でリポジトリの可視性を設定および取得できます。

カスタムのメディアの種類: nebula-preview 発表: 2019-11-25