ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Appをパブリックまたはプライベートにする

GitHub Appをセットアップする際に、そのインストールをパブリックにして、任意のGitHubユーザあるいはOrganizationがそのアプリケーションをインストールできるようにすることもできます。あるいはプライベートにして、アプリケーションを作成したアカウントにだけインストールできるようにすることもできます。

認証の情報については「GitHub Appでの認証」を参照してください。

パブリックのインストールフロー

パブリックのインストールフローには、アプリケーションのオーナー以外の人がリポジトリにアプリケーションをインストールするためのランディングページがあります。 このリンクは、GitHub Appをセットアップする際に「Public link(パブリックリンク)」フィールドに提供されます。 詳しい情報については「GitHub Appのインストール」を参照してください。

プライベートのインストールフロー

プライベートインストールフローを利用すれば、GitHub Appのオーナーだけがそのアプリケーションをインストールできます。 そのGitHub Appに関する限定的な情報はパブリックなページに存在しますが、インストールボタンはOrganizationの管理者もしくはGitHub Appが個人のアカウントによって所有されている場合はそのユーザアカウントからのみ利用できます。 プライベートのGitHub Appは、ユーザ、もしくはオーナーのOrganizationアカウントにのみインストールできます。

GitHub Appをインストールできるユーザの変更

GitHub Appをインストールできるユーザを変更するには以下のようにします。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 左サイドバーで [Developer settings] をクリックします。 Developer settings(開発者設定)セクション
  3. 左のサイドバーでGitHub Appsをクリックしてください。 GitHub Apps セクション
  4. インストールオプションを変更したいGitHub Appを選択してください。 アプリケーションの選択
  5. 左のサイドバーで Advanced(高度)をクリックしてください。 高度のタブ
  6. GitHub Appのインストールオプションに応じて、Make publicもしくはMake privateをクリックしてください。 GitHub Appのインストールオプションを変更するボタン
  7. GitHub Appのインストールオプションに応じて、Yes, make this GitHub App publicまたはYes, make this GitHub App internalをクリックしてください。 インストールオプションの変更の確認ボタン

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?