Skip to main content

GitHub Appをパブリックまたはプライベートにする

GitHub Appをセットアップする際に、そのインストールをパブリックにして、任意のGitHubユーザあるいはOrganizationがそのアプリケーションをインストールできるようにすることもできます。あるいはプライベートにして、アプリケーションを作成したアカウントにだけインストールできるようにすることもできます。

認証情報については、「GitHub App による認証」を参照してください。

パブリックのインストールフロー

パブリックのインストールフローには、アプリケーションのオーナー以外の人がリポジトリにアプリケーションをインストールするためのランディングページがあります。 このリンクは、GitHub Appをセットアップする際に「Public link(パブリックリンク)」フィールドに提供されます。 詳細については、「GitHub アプリのインストール」を参照してください。

プライベートのインストールフロー

プライベートインストールフローを利用すれば、GitHub Appのオーナーだけがそのアプリケーションをインストールできます。 その GitHub App に関する限定的な情報は引き続き公開ページに存在しますが、 [インストール] ボタンを利用できるのは、Organization の管理者または GitHub App が個人のアカウントによって所有されている場合はそのユーザー アカウントだけです。 プライベート GitHub App は、所有者のユーザーまたは Organization アカウントにのみインストールできます。

GitHub Appをインストールできるユーザの変更

GitHub Appをインストールできるユーザを変更するには以下のようにします。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the left sidebar, click Developer settings.

  3. 左側のサイドバーで、 [GitHub アプリ] をクリックします。 [GitHub アプリ] セクション

  4. インストールオプションを変更したいGitHub Appを選択してください。 アプリの選択 1. 左側のサイドバーで、 [詳細設定] をクリックします。 [詳細設定] タブ

  5. GitHub App のインストール オプションに応じて、 [公開する] または [非公開にする] をクリックします。 GitHub App のインストール オプションを変更するボタン

  6. GitHub App のインストール オプションに応じて、 [はい、この GitHub App を公開します] または [はい、この GitHub App を内部にします] をクリックします。 インストール オプションの変更を確認するボタン