Skip to main content

Organizationのプロフィールのカスタマイズ

Organization のプロフィールをカスタマイズすれば、Organization についての情報を共有できます。

Organization のプロフィール ページについて

Organization の [概要] ページをカスタマイズして、パブリック ユーザーまたは Organization メンバー専用の README とピン留めされたリポジトリを表示できます。

GitHub にサインインしている Organization のメンバーは、Organization のプロフィール ページにアクセスするときに、README とピン留めされたリポジトリの member または public のビューを選ぶことができます。

組織のプロファイル ページのスクリーンショット。 右側のサイドバーで、[パブリックとして表示] というドロップダウン メニューが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

ビューの既定値は、メンバー専用の README またはメンバー専用のピン留めされたリポジトリが存在する場合は member、それ以外の場合は public になります。

Organization のメンバーではないユーザーには、public ビューが表示されます。

Pinned repositories

ユーザーが、重要なリポジトリ、またはよく使うリポジトリに簡単にアクセスできるようにします。パブリック ユーザーには最大 6 つのリポジトリ、Organization のメンバーには 6 つのリポジトリを選ぶことができます。 リポジトリを Organization のプロフィールにピン留めすると、プロフィール ページの [リポジトリ] セクションの上に [ピン留め] セクションが表示されます。

リポジトリをピン留めできるのは、Organization 所有者だけです。 詳しい情報については、「Organization のプロフィールへのリポジトリのピン留め」を参照してください。

Organization プロフィールの README

パブリック ユーザーと Organization のメンバーの両方に対して Organization プロフィールの README を作成すると、Organization との関わり方について、情報を共有できます。 GitHubは、OrganizationのプロフィールのREADMEをOrgaizationの”Overview(概要)"タブに表示します。

Organization プロフィールの README に含める情報を選ぶことができます。 以下は、役に立つかもしれない情報の例です。

  • Organizationについて説明する"About"セクション
  • Organization内で支援を受けるためのガイダンス

GitHubフレーバーのMarkdownを使って、OrganizationのプロフィールのREADME内のテキストをフォーマットし、絵文字や画像、GIFを含めることができます。 詳しくは、「GitHub での記述と書式設定の開始」を参照してください。

パブリック Organization プロフィールの README の追加

パブリックな README.md の内容は、Organization のパブリック プロファイルに表示されます。

  1. Organization にパブリック .github リポジトリがまだない場合は、パブリック .github リポジトリを作成します。
  2. Organization の .github リポジトリで、profile フォルダーに README.md ファイルを作成します。
  3. README.md ファイルへの変更をコミットします。

メンバー専用の Organization プロフィールの README の追加

メンバー専用の README.md の内容は、Organization のプロファイルのメンバー ビューに表示されます。

  1. Organization にパブリック .github-private リポジトリがまだない場合は、.github-private という名前のプライベート リポジトリを作成します。
  2. Organization の .github-private リポジトリで、profile フォルダーに README.md ファイルを作成します。
  3. README.md ファイルへの変更をコミットします。

Organization のプロフィールにリポジトリをピン留めする

よく使うリポジトリなど、特に使いたいリポジトリを Organization のプロフィール ページにピン留めできます。 Organization のプロフィールにピン留めするリポジトリを選ぶには、Organization 所有者である必要があります。

  1. Organization のプロフィール ページに移動します。

  2. ページの右側のサイドバーで、 [次のものとして表示] ドロップダウン メニューを選んで、 [パブリック] または [メンバー] をクリックします。

    組織のプロファイル ページのスクリーンショット。 左側のサイドバーで、[次のものとして表示: パブリック] ドロップダウン メニューが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. ピン留めされたリポジトリの設定に移動します。

    • 既にピン留めされたリポジトリがある場合は、[ピン留め] セクションで [ピンのカスタマイズ] をクリックします。

    組織のプロファイル ページのスクリーンショット。 [ピン留め] セクションの右上隅にある [ピンのカスタマイズ] が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

    • まだどのリポジトリもピン留めしていない場合は、右側のサイドバーで [リポジトリのピン留め] をクリックします。

    組織のプロファイル ページのスクリーンショット。 右側のサイドバーで、[リポジトリのピン留め] リンクが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  4. [ピン留めされたリポジトリの編集] ダイアログ ボックスで、表示するパブリック リポジトリ、プライベートまたは内部 リポジトリを最大 6 つ組み合わせて選びます。

  5. [ピンの保存] をクリックします。

組織プロファイルの画像を変更する

組織を作成すると、GitHub Enterprise Server によってランダムに生成された「識別アイコン」が提供されます。 ID アイコンは組織のユーザー ID のハッシュから生成されるため、その色やパターンを制御する方法はありません。

アイデンティコンは、組織を表す画像に置き換えることができます。 イメージを置き換えるには、新しいイメージをアップロードするか、Gravatar イメージを使用します。

画像のアップロード

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. プロフィール画像で、[新しい写真をアップロード] をクリックして、画像を選択してください。

Gravatar イメージを使用

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. [Gravatar email (Private)] フィールドに、Gravatar の画像に関連付けられているメール アドレスを入力します。

  4. [プロファイルの更新] をクリックします。