Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-08-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

コンカレンシーの使用

一度に 1 つのジョブを実行します。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

概要

既定では、GitHub Actions では、同じワークフロー内の複数のジョブ、同じリポジトリ内での複数のワークフローの実行、およびリポジトリ所有者のアカウント全体で複数のワークフロー実行を同時開催で実行できます。 つまり、複数のワークフローの実行、ジョブ、またはステップを同時に実行できます。

GitHub Actions を使用すると、ワークフロー実行のコンカレンシーを制御することもできます。これにより、特定のコンテキストで一度に 1 つの実行、1 つのジョブ、または 1 つのステップのみを実行できます。 これは、複数のワークフロー、ジョブ、またはステップを同時に実行すると競合が発生したり、操作の分とStorageが予想以上に多く実行する可能性がある状況で、アカウントまたは組織のリソースを制御する場合に役立ちます。

たとえば、ワークフローを同時に実行する機能は、複数のコミットがリポジトリに連続してプッシュされると、各プッシュで個別のワークフロー実行がトリガーされ、これらの実行が同時開催で実行されることを意味します。

さまざまなシナリオでのコンカレンシーの使用

同じコンカレンシー グループを使うジョブまたはワークフローを一度に 1 つだけ実行するには、jobs.<job_id>.concurrency を使います。 並行処理グループには、任意の文字列または式を使用できます。 使用できる式コンテキスト: githubinputsvarsneedsstrategymatrix。 式の詳細については、「」を参照してください。

ワークフロー レベルで concurrency を指定することもできます。 詳細については、「concurrency」を参照してください。

並行ジョブかワークフローがキューに入っている場合、リポジトリ内の同じ並行グループを使う他のジョブかワークフローが進行中だと、キューイングされたジョブかワークフローは pending になります。 このコンカレンシー グループ内の保留中のジョブもしくはワークフローは、キャンセルされます。 つまり、コンカレンシー グループには、最大 1 つの実行ジョブと 1 つの保留中のジョブが存在できることを意味します。

同じコンカレンシー グループ内の現在実行中のジョブかワークフローもキャンセルするには、cancel-in-progress: true を指定します。 同じコンカレンシー グループ内で現在実行中のジョブまたはワークフローを条件付きで取り消すには、許可されている式コンテキストのいずれかを含む式として cancel-in-progress を指定 できます。

注:

  • コンカレンシー グループ名では大文字と小文字が区別されません。 たとえば、prodProd は同じコンカレンシー グループとして扱われます。
  • コンカレンシー グループを使用したジョブまたはワークフローでは、実行の順序付けは保証されません。 同じコンカレンシー グループ内のジョブまたはワークフローは、任意の順序で処理されます。

例:コンカレンシーとデフォルトビヘイビアーの使用

GitHub Actions のデフォルトビヘイビアーでは、複数のジョブまたはワークフロー実行を同時開催で実行できます。 concurrency キーワード を使用すると、ワークフロー実行のコンカレンシーを制御できます。

たとえば、トリガー条件が定義された直後にconcurrencyキーワード を使用して、特定のブランチに対するワークフロー実行全体のコンカレンシーを制限できます:

on:
  push:
    branches:
      - main

concurrency:
  group: ${{ github.workflow }}-${{ github.ref }}
  cancel-in-progress: true

ジョブ レベルでconcurrencyキーワード を使用して、ワークフロー内のジョブのコンカレンシーを制限することもできます:

on:
  push:
    branches:
      - main

jobs:
  job-1:
    runs-on: ubuntu-latest
    concurrency:
      group: example-group
      cancel-in-progress: true

例: コンカレンシー グループ

コンカレンシー グループは、同じコンカレンシー 鍵を共有するワークフロー実行またはジョブの実行を管理および制限する方法を提供します。

concurrency 鍵は、ワークフローまたはジョブをまとめてコンカレンシー グループにグループ化するために使用されます。 concurrency鍵を定義すると、GitHub Actions によって、その鍵を持つワークフローまたはジョブが常に 1 つだけ実行されるようになります。 新しいワークフローの実行またはジョブが同じ concurrency 鍵で開始された場合、GitHub Actions はその鍵で既に実行されているワークフローまたはジョブをキャンセルします。 concurrency鍵は 、ハードコーディングされた文字列にすることも、コンテキスト変数を含む動的な式にすることもできます。

ワークフローまたはジョブがコンカレンシー グループの一部になるように、ワークフローでコンカレンシー条件を定義できます。

つまり、ワークフローの実行またはジョブが開始されると、GitHub は、同じコンカレンシー グループで既に進行状況にあるワークフローの実行またはジョブをキャンセルします。 これは、競合を引き起こしたり、必要以上に多くのリソースを消費したりする可能性のある処置を防ぐために、ステージング環境への展開に使用されるワークフローやジョブの特定のセットに対する並列実行を防ぐ場合に便利です。

この例では、 job-1は、staging_environmentと名付けられたコンカレンシー グループの一部です。 つまり、新しいjob-1 の実行がトリガーされると、既に進行状況の staging_environmentコンカレンシー グループ内の同じジョブの実行はすべてキャンセルされます。

jobs:
  job-1:
    runs-on: ubuntu-latest
    concurrency:
      group: staging_environment
      cancel-in-progress: true

または、ワークフロー内などの concurrency: ci-${{ github.ref }}のような 動的な式を使用すると、ワークフローまたはジョブは、ワークフローをトリガーしたブランチまたはタグのリファレンスに続く ci-と名付けられたコンカレンシー グループの一部になります。 この例では、前の実行の進行中に新しいコミットが メイン ブランチにプッシュされた場合、前の実行はキャンセルされ、新しいコミットが開始されます:

on:
  push:
    branches:
      - main

concurrency:
  group: ci-${{ github.ref }}
  cancel-in-progress: true

並行性を使って進行中のジョブもしくは実行をキャンセルする例

コンカレンシーを使用して進行状況のジョブをキャンセルするか、GitHub Actions で実行するには、concurrency鍵を使用でき、次のcancel-in-progressオプションをtrueに設定します:

concurrency:
  group: ${{ github.ref }}
  cancel-in-progress: true

この例では、特定のコンカレンシー グループを定義せずに、GitHub Actions はジョブまたはワークフローの_どんな_進行状況の実行もキャンセルします。

例: フォールバック値の使用

特定のイベントにのみ定義されるプロパティでグループ名を作成する場合、フォールバック値を使用できます。 たとえば、github.head_refpull_request イベントにのみ定義されます。 ワークフローが pull_request イベントに加えて他のイベントにも応答する場合、構文エラーを回避するためにフォールバックを指定する必要があります。 次のコンカレンシー グループは、pull_request イベントで進行中のジョブか実行のみを取り消します。github.head_ref が未定義の場合、コンカレンシー グループは実行 ID にフォールバックします。これは、一意であり、実行に対して定義されていることが保証されています。

concurrency:
  group: ${{ github.head_ref || github.run_id }}
  cancel-in-progress: true

例: 現在のワークフローで進行中のジョブまたは実行のみを取り消します

同じリポジトリに複数のワークフローがある場合、他のワークフローの進行中のジョブまたは実行が取り消されないように、コンカレンシー グループ名はワークフロー間で一意である必要があります。 そうでない場合、ワークフローに関係なく、以前に進行中または保留中のジョブが取り消されます。

同じワークフローの進行中の実行だけを取り消すには、github.workflow プロパティを使ってコンカレンシー グループを構築します。

concurrency:
  group: ${{ github.workflow }}-${{ github.ref }}
  cancel-in-progress: true

例: 特定のブランチで進行中のジョブのみを取り消す

特定のブランチで進行中のジョブを取り消したいが、他のブランチでは取り消さない場合は、cancel-in-progress で条件式を使用できます。 たとえば、開発ブランチでは進行中のジョブを取り消したいが、リリース ブランチでは取り消さない場合に、これを行うことができます。

リリース ブランチで実行されていない場合に、同じワークフローの進行中の実行のみを取り消すには、cancel-in-progress を次のような式に設定します。

concurrency:
  group: ${{ github.workflow }}-${{ github.ref }}
  cancel-in-progress: ${{ !contains(github.ref, 'release/')}}

この例では、release/1.2.3 ブランチへの複数のプッシュは進行中の実行を取り消しません。 main などの別のブランチにプッシュすると、進行中の実行が取り消されます。