Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-08-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

GitHub API に対する認証を行う

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で Actions Runner Controller を使うために GitHub API に対する認証を行う方法を説明します。

法的通知

概要

GitHub App または personal access token (classic) を使うことで、GitHub API に対して Actions Runner Controller (ARC) の認証を行うことができます。

注: Enterprise レベルでランナーの GitHub App を使って認証を行うことはできません。 詳しくは、「グループを使用してセルフホストランナーへのアクセスを管理する」を参照してください。

GitHub App で ARC の認証を行う

  1. Organization が所有する GitHub App を作成します。 詳細については、「GitHub App の登録」を参照してください。 次のように GitHub App を構成します。

    1. [ホームページの URL] に「https://github.com/actions/actions-runner-controller」と入力します。

    2. [アクセス許可] で [リポジトリのアクセス許可] をクリックします。 次に、ドロップダウン メニューを使って、次のアクセス許可を選びます。

      • 管理: 読み取りと書き込み

        : Administration: Read and write は、リポジトリ スコープに登録するように Actions Runner Controller を構成する場合にのみ必要です。 Organization のスコープで登録する必要はありません。

      • メタデータ: 読み取り専用

    3. [アクセス許可] で、 [Organization のアクセス許可] をクリックします。 次に、ドロップダウン メニューを使って、次のアクセス許可を選びます。

      • セルフホステッド ランナー: 読み取りと書き込み
  2. GitHub App のページで GitHub App を作成した後、"アプリ ID" の値を書き留めます。 この値は後で使用します。

  3. [秘密キー] で、 [秘密キーの生成] をクリックし、.pem ファイルを保存します。 このキーは後で使用します。

  4. ページの左上隅のメニューで [アプリのインストール] をクリックし、Organization の横にある [インストール] をクリックして、Organization にアプリをインストールします。

  5. Organization でインストールのアクセス許可を確認した後、アプリのインストール ID を記録しておきます。 これは後で使用します。 アプリのインストール ID はアプリのインストール ページで確認でき、次の URL 形式になっています。

    https://HOSTNAME/organizations/ORGANIZATION/settings/installations/INSTALLATION_ID

  6. アプリ ID、インストール ID、および前の手順でダウンロードした .pem 秘密キー ファイルを Kubernetes にシークレットとして登録します。

    GitHub App の値を使って Kubernetes シークレットを作成するには、次のコマンドを実行します。

    注: グラフがインストールされているのと同じ名前空間にシークレットを gha-runner-scale-set 作成します。 この例では、名前空間は arc-runners クイックスタート ドキュメントと一致します。 詳しくは、「アクション ランナー コントローラーのクイック スタート」を参照してください。

    Bash
    kubectl create secret generic pre-defined-secret \
       --namespace=arc-runners \
       --from-literal=github_app_id=123456 \
       --from-literal=github_app_installation_id=654321 \
       --from-literal=github_app_private_key='-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----********'
    

    次に、values.yaml ファイルのコピーで githubConfigSecret プロパティを使用して、シークレット名を参照として渡します。

    githubConfigSecret: pre-defined-secret
    

その他の Helm 構成のオプションについては、ARC リポジトリの values.yaml を参照してください。

personal access token (classic) で ARC の認証を行う

ARC では、personal access tokens (classic) を使ってセルフホステッド ランナーを登録できます。

注: personal access token (classic) での ARC の認証は、Enterprise レベルでランナーを登録するためにサポートされている唯一の認証方法です。

  1. 必要なスコープを使って personal access token (classic) を作成します。 必要なスコープは、リポジトリ、Organization、または Enterprise のどのレベルでランナーを登録するかによって異なります。 personal access token (classic) の作成方法について詳しくは、「個人用アクセス トークンを管理する」をご覧ください。

    ARC ランナーに必要な personal access token スコープの一覧を次に示します。

    • リポジトリ ランナー: repo
    • Organization ランナー: admin:org
    • Enterprise ランナー: manage_runners:enterprise
  2. personal access token (classic) の値を使って Kubernetes シークレットを作成するには、次のコマンドを使います。

    注: グラフがインストールされているのと同じ名前空間にシークレットを gha-runner-scale-set 作成します。 この例では、名前空間は arc-runners クイックスタート ドキュメントと一致します。 詳しくは、「アクション ランナー コントローラーのクイック スタート」を参照してください。

    Bash
    kubectl create secret generic pre-defined-secret \
       --namespace=arc-runners \
       --from-literal=github_token='YOUR-PAT'
    
  3. values.yaml のお使いのコピーで、シークレット名を参照として渡します。

    githubConfigSecret: pre-defined-secret
    

    その他の Helm 構成のオプションについては、ARC リポジトリの values.yaml を参照してください。

Apache-2.0 ライセンスのもとで https://github.com/actions/actions-runner-controller/ から一部を引用しています。

Copyright 2019 Moto Ishizawa

Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
you may not use this file except in compliance with the License.
You may obtain a copy of the License at

    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0

Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
See the License for the specific language governing permissions and
limitations under the License.