Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-08-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

GitHub Actions のクイックスタート

GitHub Actions の機能を 5 分またはそれ以下で試すことができます。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

はじめに

GitHub Actions は、ビルド、テスト、デプロイのパイプラインを自動化できる継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) のプラットフォームです。 リポジトリに変更をプッシュするたびにテストを実行するワークフロー、またはマージされた pull request を運用環境にデプロイしたりするワークフローを作成できます。

このクイック スタート ガイドでは、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス のユーザー インターフェイスを使用して、GitHub Actions の重要な機能の一部を示すワークフローを追加する方法について説明します。

GitHub Actions ワークフローの概要について詳しくは、「ワークフローについて」をご覧ください。 GitHub Actions を構成するさまざまなコンポーネントについては、「GitHub Actions を理解する」を参照してください。

前提条件

このガイドは、以下の読者を対象としています。

  • GitHub の使用方法について少なくとも基本的な知識があること。 そうでない場合は、最初にリポジトリと pull request に関するドキュメントの記事をお勧めします。 たとえば、「リポジトリのクイック スタート」、「ブランチの概要」、「pull requests について」を参照してください。

  • ファイルを追加できるリポジトリが お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス にあります。

  • GitHub Actions にアクセスできます。

    Note

    アクション タブが GitHub のリポジトリの名前の下に表示されない場合は、リポジトリのアクションが無効になっている可能性があります。 詳しくは、「リポジトリの GitHub Actions の設定を管理する」を参照してください。

最初のワークフローを作成する

  1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス のリポジトリで、.github/workflows ディレクトリに「github-actions-demo.yml」というワークフロー ファイルを作成します。 手順は次のとおりです。

    • .github/workflows ディレクトリが既に存在する場合は、GitHub のそのディレクトリに移動し、[ファイルの追加] をクリックし、[新しいファイルの作成] をクリックして、ファイルに「github-actions-demo.yml」という名前を付けます。

    • リポジトリに .github/workflows ディレクトリがない場合は、GitHub のリポジトリのメイン ページに移動し、[ファイルの追加] をクリックして、[新しいファイルの作成] をクリックし、ファイルに「.github/workflows/github-actions-demo.yml」という名前を付けます。 これにより、 1 つの手順で .github および workflows ディレクトリと github-actions-demo.yml ファイルが作成されます。

    Note

    GitHub でリポジトリ内の GitHub Actions ワークフローを検出するには、ワークフロー ファイルを「.github/workflows」という名前のディレクトリに保存する必要があります。

    ワークフロー ファイルには任意の名前を付けることができますが、ファイル名の拡張子として .yml または .yaml を使用する必要があります。 YAML は、構成ファイルでよく使用されるマークアップ言語です。

  2. 次の YAML コンテンツを github-actions-demo.yml ファイルにコピーします。

    YAML
    name: GitHub Actions Demo
    run-name: ${{ github.actor }} is testing out GitHub Actions 🚀
    on: [push]
    jobs:
      Explore-GitHub-Actions:
        runs-on: ubuntu-latest
        steps:
          - run: echo "🎉 The job was automatically triggered by a ${{ github.event_name }} event."
          - run: echo "🐧 This job is now running on a ${{ runner.os }} server hosted by GitHub!"
          - run: echo "🔎 The name of your branch is ${{ github.ref }} and your repository is ${{ github.repository }}."
          - name: Check out repository code
            uses: actions/checkout@v4
          - run: echo "💡 The ${{ github.repository }} repository has been cloned to the runner."
          - run: echo "🖥️ The workflow is now ready to test your code on the runner."
          - name: List files in the repository
            run: |
              ls ${{ github.workspace }}
          - run: echo "🍏 This job's status is ${{ job.status }}."
    

    この段階では、このワークフローの詳細を理解する必要はありません。 ここでは、内容をコピーしてファイルに貼り付けることができます。 このクイック スタート ガイドを完了すると、「ワークフローについて」のワークフロー ファイルの構文について学習できます。また、${{ github.actor }}${{ github.event_name }} などの GitHub Actions コンテキストの説明については、「コンテキスト」を参照してください。

  3. [変更をコミットする] をクリックします。

  4. [変更の提案] ダイアログで、既定のブランチにコミットするオプション、または新しいブランチを作成して pull request を開始するオプションを選択します。 次に、[変更のコミット] または [変更の提案] をクリックします。

    言及されている領域がオレンジ色の枠で強調表示されている [変更の提案] ダイアログのスクリーンショット。

リポジトリ内のワークフローファイルをブランチにコミットすると、push イベントがトリガーされ、ワークフローが実行されます。

pull request を開始することを選択した場合は、引き続きプル要求を作成できますが、コミットはブランチに対してまだ行われ、新しいワークフローがトリガーされるため、このクイックスタートの目的では必要ありません。

ワークフローの結果を表示する

  1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [アクション] をクリックします。

    "github/docs" リポジトリのタブのスクリーンショット。 [アクション] タブがオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. 左側のサイドバーで、表示するワークフローをクリックします。この例では、"GitHub Actions デモ" です。

    [アクション] ページのスクリーンショット。 サンプル ワークフローの名前 "GitHub Actions デモ" が、濃いオレンジ色の輪郭で強調表示されています。

  4. ワークフローの実行の一覧から、表示する実行の名前をクリックします。この例では、"USERNAME が GitHub Actions を試しています" です。

  5. ワークフローの実行ページの左側のサイドバーの [ジョブ] で、Explore-GitHub-Actions ジョブをクリックします。

    [ワークフローの実行] ページのスクリーンショット。 左側のサイドバーで、"Explore-GitHub-Actions" ジョブが濃いオレンジ色の輪郭で強調表示されています。

  6. ログには、各ステップの処理方法が表示されます。 いずれかのステップを展開して、詳細を表示します。

    ワークフローによって実行されるステップのスクリーンショット。

    たとえば、リポジトリ内のファイルのリストを確認できます。

    "List files in the repository"(リポジトリ内のファイルの一覧表示) の手順が展開され、ログ出力が表示されているクリーンショット。 ステップの出力は、オレンジ色の枠で強調表示されています。

追加したワークフロー例では、コードがブランチにプッシュされるたびにトリガーされ、GitHub Actions がリポジトリのコンテンツを処理できる方法が示されます。 詳しいチュートリアルについては、「GitHub Actions を理解する」をご覧ください。

その他のスターターワークフロー

GitHub には、独自の継続的インテグレーション ワークフローを作成するためにカスタマイズできる事前構成済みのスターター ワークフローが用意されています。 GitHub Enterprise Server はコードを分析し、自分のリポジトリに役立つ可能性のある CI スターター ワークフローを表示します。 たとえばリポジトリにNode.jsのコードが含まれているなら、Node.jsプロジェクトのためのサジェッションが提示されます。 スターター ワークフローは、カスタム ワークフローの構築の出発点として利用することも、そのまま利用することもできます。

スターター ワークフローの完全な一覧については、 お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス の actions/starter-workflows を参照してください。

次の手順

GitHub Actions は、アプリケーション開発プロセスのほぼすべての要素を自動化するのに役立ちます。 使い始める準備はできていますか。 GitHub Actions で次のステップに進む際に役立つ、以下のようなリソースを参照してください。

  • GitHub Actions ワークフローを簡単に作成する方法については、「スターター ワークフローの使用」を参照してください。
  • コードをビルドし、テストするための継続的インテグレーション (CI) ワークフローについては、「ビルドとテストの自動化」を参照してください。
  • パッケージのビルドと発行については、「パッケージを公開する」を参照してください。
  • プロジェクトの配置については、「デプロイ」を参照してください。
  • GitHub でタスクとプロセスを自動化する方法については、「Issue と Pull Request の管理」を参照してください。
  • 上記のたくさんのユース ケースを含む、GitHub Actions のより複雑な機能を示す例については、「」を参照してください。 ランナーでコードをテストする方法、GitHub CLI にアクセスする方法、コンカレンシーやテスト マトリックスなどの高度な機能を使用する方法を説明する詳しい例を確認できます。