Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-08-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

パッケージを公開する

GitHub Actions を使用してパッケージを自動的に発行できます。

GitHub Actions によるパッケージ化について

パッケージを生成し、GitHub Packagesあるいはその他のパッケージホスティングプロバイダにアップロードするワークフローをGitHub Actionsでセットアップできます。

Docker イメージの発行

継続的インテグレーション(CI)の一部として、Docker HubやGitHub Packagesといったレジストリに対しDockerイメージを公開できます。

GradleでのJavaパッケージの公開

継続的インテグレーション(CI)ワークフローの一部として、Javaのパッケージをレジストリに公開するためにGradleを利用できます。

MavenでのJavaのパッケージの公開

継続的インテグレーション(CI)ワークフローの一部として、Javaのパッケージをレジストリに公開するためにMavenを利用できます。

Node.jsパッケージの公開

継続的インテグレーション(CI)ワークフローの一部として、Node.jsのパッケージをレジストリに公開できます。