Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-08-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

ワークフローの成果物をダウンロードする

アーカイブされた成果物は、自動的に有効期限切れになる前にダウンロードできます。

この機能を使用できるユーザーについて

People who are signed into GitHub Enterprise Server and have read access to a repository can download workflow artifacts.

Tool navigation

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

既定では、GitHub Enterprise Server にはビルド ログと成果物が 90 日間保存され、リポジトリの種類に応じてこの保持期間をカスタマイズできます。 詳しくは、「リポジトリの GitHub Actions の設定を管理する」を参照してください。

これらのステップを実行するには、リポジトリへの読み取りアクセスが必要です。

  1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [アクション] をクリックします。

    "github/docs" リポジトリのタブのスクリーンショット。 [アクション] タブがオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. 左サイドバーで、表示するワークフローをクリックします。

    [アクション] タブの左側のサイド バーのスクリーンショット。ワークフロー "CodeQL" が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  4. ワークフロー実行の一覧で実行の名前をクリックすると、ワークフロー実行の概要が表示されます。

  5. [成果物] で、ダウンロードする成果物をクリックします。

    ワークフロー実行の [成果物] セクションのスクリーンショット。 実行によって生成された成果物の名前 "artifact" が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

GitHub CLI の詳細については、「GitHub CLI について」を参照してください。

GitHub CLI は、成果物の名前に基づいて各成果物を個別のディレクトリにダウンロードします。 成果物が 1 つだけ指定されている場合は、現在のディレクトリに抽出されます。

ワークフローの実行によって生成されたすべての成果物をダウンロードするには、run download サブコマンドを使用します。 run-id を、成果物のダウンロード元の実行の ID に置き換えます。 run-id を指定しない場合、GitHub CLI は、最近の実行を選択するためのインタラクティブ メニューを返します。

gh run download RUN_ID

実行から特定の成果物をダウンロードするには、run download サブコマンドを使用します。 run-id を、成果物のダウンロード元の実行の ID に置き換えます。 artifact-name を、ダウンロードする成果物の名前に置き換えます。

gh run download RUN_ID -n ARTIFACT_NAME

複数の成果物を指定できます。

gh run download RUN_ID> -n ARTIFACT_NAME-1 -n ARTIFACT_NAME-2

リポジトリ内のすべての実行に対して特定の成果物をダウンロードするには、run download サブコマンドを使用します。

gh run download -n ARTIFACT_NAME-1 ARTIFACT_NAME-2