Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-08-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

GradleでのJavaのビルドとテスト

GitHub Actions中で継続的インテグレーション(CI)ワークフローを作成し、GradleでJavaのプロジェクトのビルドとテストを行うことができます。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

はじめに

このガイドは、Gradleビルドシステムを使ってJavaのプロジェクトのための継続的インテグレーション(CI)を実行するワークフローを作成する方法を紹介します。 作成するワークフローによって、プルリクエストに対するコミットがデフォルトブランチに対してビルドあるいはテストの失敗を引き起こしたことを見ることができるようになります。このアプローチは、コードが常に健全であることを保証するための役に立ちます。 CI ワークフローをキャッシュ ファイルに拡張して、ワークフロー実行による成果物をアップロードできます。

GitHub ホステッド ランナーにはプリインストールされたソフトウェアのあるツール キャッシュがあり、Java 開発キット (JDK) と Gradle が含まれています。 JDK と Gradle に関するソフトウェアとプレインストールされたバージョンの一覧については、「GitHub ホステッド ランナーの使用」を参照してください。

前提条件

YAMLとGitHub Actionsの構文に馴染んでいる必要があります。 詳細については、次を参照してください。

Java及びGradleフレームワークの基本的な理解をしておくことをおすすめします。 詳細については、「Gradle のユーザー マニュアル」を参照してください。

GitHub Enterprise Server上でのセルフホストランナーの利用

GitHub Enterprise Server でセルフホスト ランナーと合わせてセットアップ アクション (actions/setup-LANGUAGE など) を使用するときに、インターネットにアクセスできないランナー上にツール キャッシュを設定する必要がある場合があります。 詳しくは、「インターネットにアクセスできないセルフホストランナーにツールキャッシュを設定する」を参照してください。

Gradle スターター ワークフローの使用

すぐに開始するには、リポジトリの .github/workflows ディレクトリにスターター ワークフローを追加します。

GitHub には、ほとんどの Gradleプロジェクトの Java で動作する Gradle のスターター ワークフローが用意されています。 このガイドの以降のセクションでは、このスターター ワークフローをカスタマイズする方法の例を示します。

  1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [アクション] をクリックします。

    "github/docs" リポジトリのタブのスクリーンショット。 [アクション] タブがオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. ワークフローが既にリポジトリ内にある場合は、 [新しいワークフロー] をクリックします。

  4. [ワークフローの選択] ページには、推奨されるスターター ワークフローの選択が表示されます。 「Java with Gradle」を検索します。

  5. "Java with Gradle" ワークフローで、[構成] をクリックします。

    「Java with Gradle」スターター ワークフローが見つからない場合は、次のワークフロー コードをリポジトリの .github/workflows ディレクトリで gradle.yml を呼び出した新しいファイルにコピーします。

    YAML
    name: Java CI with Gradle
    
    on:
      push:
        branches: [ "main" ]
      pull_request:
        branches: [ "main" ]
    
    permissions:
      contents: read
    
    jobs:
      build:
        runs-on: ubuntu-latest
        steps:
        - uses: actions/checkout@v4
        - name: Set up JDK 17
          uses: actions/setup-java@v4
          with:
            java-version: '17'
            distribution: 'temurin'
    
        - name: Setup Gradle
          uses: gradle/actions/setup-gradle@417ae3ccd767c252f5661f1ace9f835f9654f2b5 # v3.1.0
    
        - name: Build with Gradle
          run: ./gradlew build
    

このワークフローは以下のステップを実行します。

  1. プロジェクトのリポジトリのコピーをチェックアウトします。

  2. Java JDKをセットアップします。

  3. Gradle 環境を設定します。 gradle/actions/setup-gradle アクションは 、ワークフロー実行間のキャッシュ状態を処理し、すべての Gradle 実行の詳細な概要を提供します。

  4. "Gradle でビルドする" のステップでは、Gradle ラッパーを使用して build タスクが実行されます。

  5. 必要に応じてワークフローを編集します。 たとえば、Java のバージョンを変更します。

    注:

    • このスターター ワークフローでは、GitHub によって認定されていないアクションが使われます。 サード パーティによって提供されるアクションには、個別のサービス使用条件、プライバシー ポリシー、およびサポート ドキュメントが適用されます。
    • サード パーティのアクションを使用するには、コミット SHA で指定されたバージョンを使用する必要があります。 アクションが変更された新しいバージョンを使用する場合は、SHA を更新する必要があります。 タグまたはブランチを参照してバージョンを指定できますが、アクションは警告なしに変更される可能性があります。 詳しくは、「GitHub Actions のセキュリティ強化」を参照してください。
  6. [変更をコミットする] をクリックします。

Javaのバージョンとアーキテクチャの指定

スターター ワークフローで x64 プラットフォーム用の OpenJDK 8 を含むように PATH を設定します。 異なるバージョンの Java を使用する場合、あるいは異なるアーキテクチャ (x64 または x86) をターゲットとする場合、setup-java アクションを使って異なる Java ランタイム環境を選択できます。

たとえば、x64 プラットフォームに対して Adoptium によって提供される JDK のバージョン 11 を使用するには、setup-java アクションを使用して、java-versiondistributionarchitecture パラメーターを '11''temurin'x64 に設定します。

YAML
steps:
  - uses: actions/checkout@v4
  - name: Set up JDK 11 for x64
    uses: actions/setup-java@v4
    with:
      java-version: '11'
      distribution: 'temurin'
      architecture: x64

詳細については、「setup-java アクション」を参照してください。

コードのビルドとテスト

ローカルで使うのと同じコマンドを、コードのビルドとテストに使えます。

スターター ワークフローでは、既定で build タスクが実行されます。 デフォルトのGradleの設定では、このコマンドは依存関係をダウンロードし、クラスをビルドし、テストを実行し、たとえばJARファイルのような配布可能なフォーマットにクラスをパッケージします。

プロジェクトのビルドに異なるコマンドを使ったり、異なるタスクを使いたいのであれば、それらを指定できます。 たとえば、ci.gradle ファイルで構成されている package タスクを実行できます。

YAML
steps:
  - uses: actions/checkout@v4
  - uses: actions/setup-java@v4
    with:
      java-version: '17'
      distribution: 'temurin'

  - name: Setup Gradle
    uses: gradle/actions/setup-gradle@417ae3ccd767c252f5661f1ace9f835f9654f2b5 # v3.1.0

  - name: Build with Gradle
    run: ./gradlew -b ci.gradle package

依存関係のキャッシング

ビルドの依存関係をキャッシュして、ワークフローの実行を高速化できます。 正常に実行されると、gradle/actions/setup-gradle によって Gradle ユーザー ホーム ディレクトリの重要な部分がキャッシュされます。 以降のジョブでは、キャッシュが復元されるので、ビルド スクリプトを再コンパイルする必要がなく、依存関係をリモート パッケージ リポジトリからダウンロードする必要がなくなります。

gradle/actions/setup-gradle アクションを使用しているときは、キャッシュが既定で有効になります。 詳細については、gradle/actions/setup-gradleを参照してください。

成果物としてのワークフローのデータのパッケージ化

ビルドが成功し、テストがパスした後には、結果のJavaのパッケージをビルドの成果物としてアップロードすることになるかもしれません。 そうすれば、ビルドされたパッケージをワークフローの実行の一部として保存することになり、それらをダウンロードできるようになります。 成果物によって、Pull Requestをマージする前にローカルの環境でテスト及びデバッグしやすくなります。 詳しくは、「ワークフロー データを成果物として保存する」を参照してください。

Gradle では、通常、JAR、EAR、WAR のような出力ファイルが build/libs ディレクトリに作成されます。 upload-artifact アクションを使用して、そのディレクトリの内容をアップロードできます。

YAML
steps:
  - uses: actions/checkout@v4
  - uses: actions/setup-java@v4
    with:
      java-version: '17'
      distribution: 'temurin'

  - name: Setup Gradle
    uses: gradle/actions/setup-gradle@417ae3ccd767c252f5661f1ace9f835f9654f2b5 # v3.1.0

  - name: Build with Gradle
    run: ./gradlew build

  - name: Upload build artifacts
    uses: actions/upload-artifact@v3
    with:
      name: Package
      path: build/libs