Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Markdown

MarkdownAPIを使うと、MarkdownドキュメントをHTMLページあるいは生のテキストとしてレンダリングできます。

Render a Markdown document

Works with GitHub Apps

パラメータ

Headers
名前, 種類, 説明
acceptstring

Setting to application/vnd.github+json is recommended.

Body parameters
名前, 種類, 説明
textstring必須

The Markdown text to render in HTML.

modestring

The rendering mode. Can be either markdown or gfm.

デフォルト: markdown

Can be one of: markdown, gfm

contextstring

The repository context to use when creating references in gfm mode. For example, setting context to octo-org/octo-repo will change the text #42 into an HTML link to issue 42 in the octo-org/octo-repo repository.

HTTP response status codes

Status code説明
200

OK

304

Not modified

コードサンプル

post/markdown
curl \ -X POST \ -H "Accept: application/vnd.github+json" \ -H "Authorization: token <TOKEN>" \ http(s)://HOSTNAME/api/v3/markdown

Response

Status: 200

Render a Markdown document in raw mode

Works with GitHub Apps

You must send Markdown as plain text (using a Content-Type header of text/plain or text/x-markdown) to this endpoint, rather than using JSON format. In raw mode, GitHub Flavored Markdown is not supported and Markdown will be rendered in plain format like a README.md file. Markdown content must be 400 KB or less.

HTTP response status codes

Status code説明
200

OK

304

Not modified