Organization のリポジトリ権限レベル

Organization の各リポジトリに対するアクセスを、権限レベルを細かく設定することによりカスタマイズできます。これにより、ユーザが必要な機能やタスクにアクセスできるようになります。

People with admin permissions can manage individual and team access to an organization-owned repository.

Organization が所有するリポジトリの権限レベル

Organization のメンバー、外部のコラボレータ、および Team に対して、Organization が所有するリポジトリに異なるレベルのアクセスを付与できます。 権限レベルごとに、リポジトリのコンテンツと設定へのアクセスが段階的に増加します。 プロジェクトにおける各人または各 Team のロールに相応しいレベルを選択し、プロジェクトに対して必要以上のアクセスを与えないようにしましょう。

以下のリストでは、Organization のリポジトリに対する権限レベルを、低いものから高いものに並べています:

  • Read: プロジェクトを表示またはプロジェクトについてディスカッションしたい、コードを書かないコントリビューターにおすすめします
  • Triage: 書き込みアクセスなしに、Issue やプルリクエストを積極的に 管理したいコントリビューターにおすすめします
  • Write: プロジェクトに積極的にプッシュしたいコントリビューターにおすすめします
  • Maintain: センシティブ、または破壊的なアクションにアクセスせずにリポジトリを管理する必要がある、プロジェクト管理者におすすめします
  • Admin: セキュリティの管理やリポジトリの削除など、センシティブおよび破壊的なアクションを含めて、プロジェクトへの完全なアクセスが必要な人におすすめします

Organizationのオーナーは、その Organization のリポジトリにアクセスするとき、Organization の全メンバーに適用される基本レベルの権限を設定できます。 詳しい情報については、「Organization の基本レベル権限の設定」を参照してください。

また、Organization のオーナーは、Organization 全体にわたって、特定の設定およびアクセスをさらに制限することも選択できます。 特定の設定についてのオプションに関する詳細は、Organization の設定を管理する」を参照してください。

Organization レベルの設定を管理することに加え、Organization のオーナは Organization が所有するすべてのリポジトリの管理者権限を持っています。 詳細は「Organization の権限レベル」を参照してください。

警告: 誰かがリポジトリにデプロイキーを追加すると、そのリポジトリに対しては、秘密鍵を持つユーザであれば (鍵の設定によっては) 誰でも読み取りや書き込みができます。そのユーザが後に Organization から削除されても同じです。

各権限レベルが可能なリポジトリへのアクセス

注釈: セキュリティ機能を使用するために必要なリポジトリのアクセス許可は、以下の「セキュリティ機能のアクセス許可要件」にリストされています。

リポジトリアクションReadTriageWriteMaintainAdmin
個人または Team の割り当てリポジトリからのプルXXXXX
個人または Team の割り当てリポジトリのフォークXXXXX
自分のコメントの編集および削除XXXXX
Issue のオープンXXXXX
自分でオープンした Issue のクローズXXXXX
自分でクローズした Issue を再オープンXXXXX
自分に割り当てられた Issue の取得XXXXX
Team の割り当てリポジトリのフォークからのプルリクエストの送信XXXXX
プルリクエストについてのレビューのサブミットXXXXX
公開済みリリースの表示XXXXX
Edit wikis in public repositoriesXXXXX
Edit wikis in private repositoriesXXX
ラベルの適用/却下XXXX
ラベルの作成、編集、削除XXX
すべての Issue およびプルリクエストのクローズ、再オープン、割り当てXXXX
プルリクエストの自動マージの有効化または無効化XXX

| マイルストーンの適用 | | X | X | X | X | | 重複した Issue とプルリクエストのマーク付け | | X | X | X | X | | プルリクエストのレビューの要求 | | X | X | X | X | | Merge a pull request | | | X | X | X | | 個人または Team の割り当てリポジトリへのプッシュ (書き込み) | | | X | X | X | | コミット、プルリクエスト、Issue についての他者によるコメントの編集と削除 | | | X | X | X | | 他者によるコメントの非表示 | | | X | X | X | | 会話のロック | | | X | X | X | | Issue の移譲 (詳細は「他のリポジトリへ Issue を移譲する」を参照) | | | X | X | X | | リポジトリに指定されたコードオーナーとしてのアクション | | | X | X | X | | プルリクエストのドラフトに、レビューの準備ができたことを示すマークを付ける | | | X | X | X | | プルリクエストをドラフトに変換する | | | X | X | X | | プルリクエストのマージ可能性に影響するレビューのサブミット | | | X | X | X | | プルリクエストに提案された変更を適用する | | | X | X | X | | ステータスチェックの作成 | | | X | X | X | | リリースの作成と編集 | | | X | X | X | | ドラフトリリースの表示 | | | X | X | X | | リポジトリの説明の編集 | | | | X | X | | Topics の管理 | | | | X | X | | Wiki の有効化および Wiki 編集者の制限 | | | | X | X | | プロジェクトボードの有効化 | | | | X | X | | プルリクエストのマージの設定 | | | | X | X | | GitHub Pages の公開ソースの設定 | | | | X | X | | 保護されたブランチへのプッシュ | | | | X | X | | リポジトリソーシャルカードの作成と編集 | | | | X | X | | Issue の削除 (「Issue を削除する」を参照) | | | | | X | | 保護されたブランチでのプルリクエストのマージ(レビューの承認がなくても) | | | | | X | | リポジトリのコードオーナーの定義 | | | | | X | | リポジトリを Team に追加する (詳細は「Organization リポジトリへの Team のアクセスを管理する」を参照) | | | | | X | | 外部のコラボレータのリポジトリへのアクセスの管理 | | | | | X | | リポジトリの可視性の変更 | | | | | X | | リポジトリのテンプレート化 (「テンプレートリポジトリを作成する」を参照) | | | | | X | | リポジトリ設定の変更 | | | | | X | | Team およびコラボレータのリポジトリへのアクセス管理 | | | | | X | | リポジトリのデフォルトブランチ編集 | | | | | X | | リポジトリのデフォルトブランチの名前を変更する(「ブランチの名前を変更する」を参照) | | | | | X | | リポジトリのデフォルトブランチを変更する(「ブランチの名前を変更する」を参照) | | | X | X | X

| Webhookおよびデプロイキーの管理 | | | | | X | | リポジトリのフォークポリシーを管理する | | | | | X | | リポジトリの Organization への移譲 | | | | | X | | リポジトリの削除または Organization 外への移譲 | | | | | X | | リポジトリのアーカイブ | | | | | X | | JIRA や Zendesk などの外部リソースに対する自動リンク参照を作成します (「外部リソースを参照する自動リンクの設定」を参照)。 | | | | | X |

セキュリティ機能のアクセス許可要件

このセクションでは、Advanced Security 機能などのセキュリティ機能に必要なリポジトリのアクセス許可レベルを確認できます。

リポジトリアクションReadTriageWriteMaintainAdmin
リポジトリでの脆弱性のある依存関係に対するDependabotアラートを受信X
Dependabotアラート を閉じるX
脆弱な依存関係についてのDependabotアラートを受信する個人または Team の追加指定X
GitHub Advanced Securityの機能へのアクセス管理(「Organizationのセキュリティと分析設定の管理」参照)X
プルリクエストの code scanning アラートを表示するXXXXX
code scanning アラートを一覧表示、却下、削除しますXXX
リポジトリの secret scanning アラートを表示するX[1]X[1]X
secret scanning アラートを解決、取り消し、再オープンするX[1]X[1]X
リポジトリで secret scanning アラートを受信する追加の人または Team を指定するX

[1] リポジトリの作者とメンテナは、自分のコミットのアラート情報のみを表示できます。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?