Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

GitHub アカウントへの新しい GPG キーの追加

To configure your account on your GitHub Enterprise Server instance to use your new (or existing) GPG key, you'll also need the key to your account.

Before adding a new GPG key to your account on your GitHub Enterprise Server instance, you should have:

You can add multiple public keys to your GitHub account. Commits signed by any of the corresponding private keys will show as verified. If you remove a public key, any commits signed by the corresponding private key will no longer show as verified.

サポートされているGPGキーのアルゴリズム

GitHub Enterprise ServerはいくつかのGPGキーアルゴリズムをサポートします。 サポートされていないアルゴリズムで生成されたキーを追加しようとすると、エラーが生じることがあります。

  • RSA
  • ElGamal
  • DSA
  • ECDH
  • ECDSA
  • EdDSA

署名の検証の際には、署名が抽出され、そのキー id のパースが試行されます。 そのキー id が、GitHub Enterprise Serverにアップロードされたキーと照合されます。 GPG キーが GitHub Enterprise Serverにアップロードされるまで、署名は検証できません。

GPG キーの追加

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. ユーザ設定サイドバーでSSH and GPG keys(SSH及びGPGキー)をクリックしてください。 認証キー

  3. [New GPG key] をクリックします。 GPG キーボタン

  4. [Key] フィールドに、GPG キーを生成したときにコピーした GPG キーを貼り付けます。 キーフィールド

  5. [Add GPG key] をクリックします。 キーの追加ボタン

  6. 処理を確認するには、GitHub Enterprise Serverのパスワードを入力します。

参考リンク