Error: Agent admitted failure to sign

ごくまれに、Linux で SSH 経由で GitHub Enterprise Server に接続すると、「Agent admitted failure to sign using the key」というエラーが発生する場合があります。 この問題を解決するには以下の手順に従ってください。

Linux コンピュータで your GitHub Enterprise Server instanceに SSH 接続しようとすると、ターミナルに以下のメッセージが表示されることがあります:

$ ssh -vT git@hostname
> ...
> Agent admitted failure to sign using the key.
> debug1: No more authentication methods to try.
> Permission denied (publickey).

詳細については、こちらの問題レポートをご覧ください。

解決策

ssh-add を使用してキーを SSH エージェントに読み込ませることでこのエラーを解決できます。

# バックグラウンドで ssh-agent を開始
$ eval "$(ssh-agent -s)"
> Agent pid 59566
$ ssh-add
> Enter passphrase for /home/you/.ssh/id_rsa: [tippy tap]
> Identity added: /home/you/.ssh/id_rsa (/home/you/.ssh/id_rsa)

キーのファイル名がデフォルト (/.ssh/id_rsa) ではない場合、そのパスを ssh-add に渡す必要があります。

# バックグラウンドで ssh-agent を開始
$ eval "$(ssh-agent -s)"
> Agent pid 59566
$ ssh-add ~/.ssh/my_other_key
> Enter passphrase for /home/you/.ssh/my_other_key: [tappity tap tap]
> Identity added: /home/you/.ssh/my_other_key (/home/you/.ssh/my_other_key)

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?