Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

既存の SSH キーの確認

SSH キーを生成する前に、SSH キーがすでに存在するかどうかを確認できます。

  1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。

  2. 既存の SSH キーが存在するかを確認するため、以下のように ls -al ~/.ssh と入力します.

    $ ls -al ~/.ssh
    # .ssh ディレクトリ内のファイルを一覧表示する(存在する場合)
  3. ディレクトリの一覧から、公開 SSH キーをすでに持っているか確認します。 By default, the filenames of supported public keys for GitHub Enterprise Server are one of the following.

    • id_rsa.pub
    • id_ecdsa.pub
    • id_ed25519.pub

    Tip: If you receive an error that ~/.ssh doesn't exist, you do not have an existing SSH key pair in the default location. You can create a new SSH key pair in the next step.

  4. Either generate a new SSH key or upload an existing key.

    • If you don't have a supported public and private key pair, or don't wish to use any that are available, generate a new SSH key.

    • If you see an existing public and private key pair listed (for example, id_rsa.pub and id_rsa) that you would like to use to connect to GitHub Enterprise Server, you can add the key to the ssh-agent.

      For more information about generation of a new SSH key or addition of an existing key to the ssh-agent, see "Generating a new SSH key and adding it to the ssh-agent."