ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-02-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

プルリクエストにコミットのリベースを設定する

リポジトリで、your GitHub Enterprise Server instance でのすべてのプルリクエストマージについて、コミットのリベースを強制、許可、または無効にできます。

your GitHub Enterprise Server instance 上でプルリクエストのマージオプションを設定して、ワークフローの要求と Git の履歴管理への要望を満たすことができます。 詳しい情報についてはプルリクエストのマージの設定を参照してください。

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. [Merge button] の下で [Allow rebase merging] を選択します。 これにより、コントリビューターが個々のコミットをベースブランチにリベースすることでプルリクエストをマージできるようになります。 ここで他のマージ方法も選択した場合、コラボレーターはプルリクエストをマージする時にコミットのマージ方法を選択できます。 直線状のコミット履歴を必要とする保護されたブランチのルールがリポジトリ中にあるなら、squashマージ、リベースマージ、あるいはその両方を許可しなければなりません。 詳しい情報については、「保護されたブランチについて」を参照してください。 プルリクエストのリベースコミット

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?