このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-02-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

リポジトリに対する匿名 Git 読み取りアクセスを有効化する

リポジトリの管理者として、特定の要件を満たす公開リポジトリの匿名 Git 読み取りアクセスを有効または無効にできます。

次の場合に、リポジトリの管理者は、特定のリポジトリに対する匿名 Git 読み取りアクセスの設定を変更できます。

  • サイトの管理者がプライベートモードと匿名 Git 読み取りアクセスを有効化している。
  • リポジトリは Enterprise 上でパブリックであり、フォークではない。
  • サイト管理者がリポジトリで匿名 Git 読み取りアクセスを無効化していない。

ノート:

  • フォークされたリポジトリのGitの読み取りアクセスは変更できません。これは、それらがデフォルトでルートリポジトリからアクセス設定を引き継ぐためです。
  • パブリックなリポジトリがプライベートになると、そのリポジトリ及びそのフォークでは匿名Git読み取りアクセスが自動的に無効化されます。
  • 匿名認証を持つリポジトリにGit LFSアセットが含まれている場合でも、Git LFSのダウンロードには認証が必要なのでダウンロードは失敗します。 Git LFSアセットを含むリポジトリには、匿名Git読み取りアクセスを有効化しないよう強くおすすめします。
  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. 「Enable anonymous Git read access」の横で、[Enable] をクリックします。 "Anonymous Git read access" の下の "Enabled" ボタン
  4. 変更を確認します。 リポジトリの名前を入力し、[I understand, enable anonymous Git read access.] をクリックして確定します。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?