ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-02-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

変更したファイルの GitHub での表示方法をカスタマイズする

特定のファイルをデフォルトで diff に表示しない、またはリポジトリの言語として考えないようにするために、 .gitattributes ファイルで linguist-generated 属性を使ってマークできます。

.gitattributes ファイルを使って、特定の属性で指定した「パターン」と一致するファイルをマークします。 .gitattributes ファイルでは .gitignore ファイルと同じマッチングルールが使用されます。 詳細は Git ドキュメント「PATTERN FORMAT」を参照してください。

  1. .gitattributes ファイルが存在しない場合は、リポジトリのルートに .gitattributes ファイルを作成します。

  2. linguist-generated 属性を使って、リポジトリの言語統計に含めず、デフォルトで diff で非表示にしたいパスをマークする、またはパスのマークを解除します。

    たとえば、search/index.json を自動生成されたファイルとしてマークするには、.gitattributes にこの行を追加します:

    search/index.json linguist-generated=true
    

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?