ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ユーザーアカウントのリポジトリ権限レベル

ユーザアカウントが所有するリポジトリには、リポジトリオーナーとコラボレータという 2 つの権限レベルがあります。

ここには以下の内容があります:

ユーザーアカウントのリポジトリ権限レベルについて

ユーザアカウントが所有するリポジトリのオーナーは 1 人です。 所有権の権限を別のユーザアカウントと共有することはできません。

GitHub Enterprise Server のユーザをコラボレータとしてリポジトリに追加することもできます。 詳しい情報については、「コラボレータを個人リポジトリに招待する」を参照してください。

参考: ユーザアカウントが所有しているリポジトリに対して、より精細なアクセス権が必要な場合には、リポジトリを Organization に移譲することを検討してください。 詳細は「リポジトリを移譲する」を参照してください。

ユーザアカウントが所有しているリポジトリのオーナーアクセス権

リポジトリオーナーは、リポジトリを完全に制御することができます。 コラボレータが実行できるアクションに加えて、リポジトリオーナーは次のアクションを実行できます。

アクション詳細情報
コラボレータを追加
個人リポジトリへのコラボレータの招待
リポジトリの表示変更リポジトリの可視性を設定する
保護されたブランチで、レビューの承認がなくてもプルリクエストをマージする保護されたブランチについて
リポジトリを削除するリポジトリを削除する
リポジトリのトピックの管理トピックでリポジトリを分類する
パッケージの削除パッケージを削除する

| リポジトリのソーシャルメディア向けプレビューのカスタマイズ | 「リポジトリのソーシャルメディア向けプレビューをカスタマイズする」 | | リポジトリからのテンプレートの作成 | 「テンプレートリポジトリを作成する」 | | ー | | | 脆弱性のある依存関係のDependabot alertsの受信 | 「脆弱性のある依存関係に対するアラートについて」 | | リポジトリのコードオーナーを定義する | 「コードオーナー'について」 | | リポジトリのアーカイブ | 「リポジトリのアーカイブについて」 |

ユーザアカウントが所有しているリポジトリに対するコラボレータアクセス権

個人リポジトリのコラボレータは、リポジトリのコンテンツをプル(読み取り)したり、リポジトリに変更をプッシュ(書き込み)したりすることができます。

メモ: プライベートリポジトリでは、リポジトリオーナーはコラボレーターに書き込みアクセスしか付与できません。 コラボレーターが、ユーザアカウントによって所有されているリポジトリに対して「読み取りのみ」アクセス権を持つことはできません。

コラボレータは、次のアクションを実行することもできます。

アクション詳細情報
リポジトリのフォークフォークについて
リポジトリ内のコミット、プルリクエスト、Issue に関するコメントの作成、編集、削除
リポジトリ内の Issue の作成、割り当て、クローズ、再オープンIssue で作業を管理する
リポジトリ内の Issue とプルリクエストのラベル管理Issue とプルリクエストのラベル付け
リポジトリ内の Issue とプルリクエストのマイルストーン管理Issueやプルリクエストのためのマイルストーンの作成と編集
リポジトリ内の Issue またはプルリクエストを重複としてマーク重複した Issue やプルリクエストについて
リポジトリ内のプルリクエストの作成、マージ、クローズプルリクエストで、作業に対する変更を提案する
リポジトリ内のプルリクエストに提案された変更を適用プルリクエストでのフィードバックを取り込む
リポジトリのフォークからプルリクエストを作成フォークからプルリクエストを作成する
プルリクエストのマージ可能性に影響するプルリクエストについてレビューを送信プルリクエストで提案された変更をレビューする
リポジトリ用のウィキの作成と編集ウィキについて
リポジトリ用のリリースの作成と編集リポジトリのリリースを管理する
リポジトリのコードオーナーの定義コードオーナーについて
リポジトリでコラボレーターである自身を削除するコラボレーターのリポジトリから自分を削除する

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.