ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-02-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

プライベートコントリビューションをプロフィールで公開または非公開にする

Your GitHub Enterprise Server profile shows a graph of your repository contributions over the past year. You can choose to show anonymized activity from private and internal repositories in addition to the activity from public repositories.

プライベートコントリビューションを公開しても、あなたが作業しているプライベートリポジトリへのアクセス権がないユーザーがあなたのプライベートコントリビューションを見ることはできません。 かわりに、特定の日におけるプライベートコントリビューションの数だけを見ることができます。 パブリックコントリビューションには、詳細な情報が含まれます。 For more information, see "Viewing contributions on your profile page."

Note: On GitHub Enterprise Server, public contributions on your profile are visible only to other users of your GitHub Enterprise Server instance.

プライベートコントリビューションの可視性を変更する

  1. In the top right corner of GitHub Enterprise Server, click your profile photo, then click Your profile. Profile photo
  2. プライベートコントリビューションをプロフィールで公開または非公開にする
    • プライベートコントリビューションを公開するには、コントリビューショングラフの上で、[Contribution settings] ドロップダウンメニューから [Private contributions] を選択します。 訪問者には、プライベートコントリビューションの数だけが表示され、それ以上の詳細は表示されません。 [Contribution settings] メニューで、訪問者がプライベートコントリビューションを見られるようにする
    • プライベートコントリビューションを非公開にするには、コントリビューショングラフの上で、[Contribution settings] ドロップダウンメニューを使用し、[Private contributions] の選択を解除します。訪問者には、パブリックコントリビューションのみが表示されるようになります。 [Contribution settings] メニューで、訪問者がプライベートコントリビューションを見られるようにする

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?