ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

macOS キーチェーンからの認証情報を更新する

GitHub Enterprise Server でユーザ名、パスワード、または個人アクセストークンを変更する場合は、 git-credential-osxkeychain ヘルパーに保存されている認証情報を更新する必要があります。

ここには以下の内容があります:

Gitがパスワードを求めてきたときは、代わりに個人アクセストークン(PAT)を入力してください。パスワードベースのGitの認証は非推奨であり、PATを利用する方がセキュアです。詳しい情報については「個人アクセストークンの作成」を参照してください。

キーチェーンアクセスを介して認証情報を更新する

  1. メニューバーの右側にある Spotlight アイコン (虫眼鏡) をクリックします。 Keychain access と入力し、Enter キーを押してアプリを起動します。 スポットライト検索バー
  2. キーチェーン Access で、[hostname] を探してください。
  3. [hostname] の「internet password」エントリを見つけてください。
  4. 適宜、エントリを編集または削除します。

コマンドラインで認証情報を削除する

コマンドラインから、認証情報ヘルパーを直接使用して、キーチェーンエントリを消去できます。

$ git credential-osxkeychain erase
host=hostname
protocol=https
> [Press Return]

成功した場合、何もプリントアウトされません。 それが機能するかどうかをテストするには、GitHub Enterprise Serverのインスタンス からプライベートリポジトリのクローンを作成します。 パスワードの入力を求められた場合は、キーチェーンエントリが削除されています。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡