ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリについて

リポジトリには、プロジェクトのすべてのファイルと各ファイルの改訂履歴が含まれています。 リポジトリ内でプロジェクトの作業について話し合い、管理できます。

リポジトリを個人として所有することも、リポジトリの所有権を Organization 内の他の人々と共有することもできます。

リポジトリの表示設定を選択して、リポジトリにアクセスできるユーザを制限できます。 詳細は「リポジトリの可視性について」を参照してください。

ユーザが所有するリポジトリでは、他の人々にコラボレーターアクセスを与えて、プロジェクトでコラボレーションするようにできます。 リポジトリが Organization によって所有されている場合は、Organization のメンバーにアクセス権限を与え、リポジトリ上でコラボレーションするようにできます。 詳細は「ユーザアカウントのリポジトリ権限レベル」および「Organization のリポジトリ権限レベル」を参照してください。

各個人および Organization は、無制限のリポジトリを所有でき、すべてのリポジトリにコラボレータを何人でも招待できます。

リポジトリを使用して、作業を管理し、他のユーザと共同作業を行うことができます。

  • Issue を使用して、ユーザフィードバックの収集、ソフトウェアバグの報告、および実行するタスクの整理を行うことができます。 詳しい情報については「Issue について」を参照してください。
  • プルリクエストを使用して、リポジトリへの変更を提案できます。 詳しい情報についてはプルリクエストについてを参照してください。
  • プロジェクトボードを使用して、Issue とプルリクエストを整理して優先順位を付けることができます。 詳細は「プロジェクトボードについて」を参照してください。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.