このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-02-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

強力なパスワードの作成

パスワードマネージャを使用して、自分の GitHub Enterprise Serverアカウントを強力な独自のパスワードで保護しましょう。

GitHub Enterprise Server アカウントのパスワードを選択または生成する必要があります。パスワードの条件は次のとおりです。

  • 数字と小文字アルファベットを含む場合は長さ 7 文字以上、または
  • 文字の組み合わせを考慮しない場合は長さ 15 文字以上

アカウントを安全に保つため、以下のベストプラクティスに従うことをお勧めします:

  • LastPass1Password などのパスワードマネージャを使用して、15 文字以上のパスワードを生成すること。
  • GitHub Enterprise Server用に独自のパスワードを生成すること。 GitHub Enterprise Server パスワードを他でも使用していて、そのサービスが危険にさらされると、攻撃者や悪意のある者がその情報を使用して GitHub Enterprise Server アカウントにアクセスする可能性があります。
  • 個人アカウントに 2 要素認証を設定する。 詳しい情報については「2 要素認証について」を参照してください。
  • 潜在的なコラボレーターであっても誰であっても、パスワードは決して共有しないでください。 GitHub Enterprise Serverでは一人ひとりが自分の個人アカウントを使用すべきです。 コラボレートする方法の詳しい情報については、「コラボレーターを個人リポジトリに招待する」、「共同開発モデルについて」、または「Organization のグループでコラボレーションする」を参照してください。

ブラウザを使用して GitHub Enterprise Server にログオンする場合のみパスワードを使用できます。 コマンドラインや API などの他の方法で GitHub Enterprise Server を認証する場合は、他の認証情報を使用する必要があります。 詳しい情報については、「GitHub への認証について」を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?