ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2021-06-09. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Enterprise のユーザメッセージをカスタマイズする

your GitHub Enterprise Server instance でユーザに表示されるカスタムメッセージを作成できます。

ここには以下の内容があります:

ユーザメッセージについて

ユーザメッセージにはいくつかの種類があります。

  • サインインまたはサインアウトページ

メモ: 認証に SAML を使っている場合は、サインインページはアイデンティティプロバイダによって提示されるため、GitHub Enterprise Server でカスタマイズすることはできません。

メッセージの書式設定には Markdown を使用できます。 詳しい情報については、「GitHubでの執筆とフォーマットについて」を参照してください。

カスタムサインインメッセージの作成

  1. https://HOSTNAME/enterprises/ENTERPRISE-NAMEにアクセスしてEnterpriseアカウントに移動してください。HOSTNAMEはインスタンスのホスト名で、ENTERPRISE-NAMEはEnterpriseアカウント名で置き換えてください。

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  3. Under Settings, click Messages. Messages tab in the enterprise settings sidebar

  4. 下にある [Add message] または [Edit message] をクリックします。 [Edit] メッセージボタン

  5. [Sign in message] の下に、ユーザに見せたいメッセージを入力します。 Sign in message

  6. 表示されるメッセージを見るにはPreview(プレビュー)をクリックしてください。 プレビューボタン

  7. 表示されたメッセージを確認します。 サインインメッセージの表示

  8. ページの下部でSave changes(変更の保存)をクリックしてください。 変更の保存

カスタムサインアウトメッセージを作成する

  1. https://HOSTNAME/enterprises/ENTERPRISE-NAMEにアクセスしてEnterpriseアカウントに移動してください。HOSTNAMEはインスタンスのホスト名で、ENTERPRISE-NAMEはEnterpriseアカウント名で置き換えてください。

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  3. Under Settings, click Messages. Messages tab in the enterprise settings sidebar

  4. 下にある [Add message] または [Edit message] をクリックします。 [Add message] ボタン

  5. [Sign out message] の下に、ユーザに見せたいメッセージを入力します。 Sign two_factor_auth_header message

  6. 表示されるメッセージを見るにはPreview(プレビュー)をクリックしてください。 プレビューボタン

  7. 表示されたメッセージを確認します。 サインアウトメッセージの表示

  8. ページの下部でSave changes(変更の保存)をクリックしてください。 変更の保存

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.