ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2021-02-11. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Issue およびプルリクエストを検索する

GitHub Enterprise Server 上の Issue およびプルリクエストを検索することができます。そして、これらの検索用修飾子を組み合わせることで、検索結果を絞ることができます。

ここには以下の内容があります:

GitHub Enterprise Server 全体にわたってグローバルに Issue およびプルリクエストを検索できます。あるいは、特定の Organization の Issue およびプルリクエストに限った検索もできます。 詳細は「GitHub での検索について」を参照してください。

Tips:

  • この記事には、GitHub.com のウェブサイトでの検索例が含まれています。ですが、同じ検索フィルターを your GitHub Enterprise Server instance で使えます。

  • 検索結果を改良する検索修飾子を追加できる検索構文のリストについては、「検索構文を理解する」を参照してください。

  • 複数単語の検索用語は引用符で囲みます。 たとえば "In progress" というラベルを持つ Issue を検索したい場合は、label:"in progress" とします。 検索では、大文字と小文字は区別されません。

  • キーボードショートカットを使えば、Issueあるいはプルリクエストのリストの上にある検索バー上のカーソルに集中できます。 詳細は「キーボードのショートカット」を参照してください。

Issue またはプルリクエストに限定した検索

デフォルトでは、GitHub Enterprise Server の検索は、Issueとプルリクエストの両方を結果表示します。 ですが、type 修飾子または is 修飾子を使うことで、Issue またはプルリクエストに限った検索ができます。

修飾子サンプル
type:prcat type:pr は、「cat」という単語があるプルリクエストにマッチします。
type:issuegithub commenter:defunkt type:issue は、「github」という単語を含み、かつ、@defunkt によるコメントがある Issue にマッチします。
is:prevent is:pr は、「event」という単語があるプルリクエストにマッチします。
is:issueis:issue label:bug is:closed は、「bug」のラベルが付いたクローズされた Issue にマッチします。

タイトル、本文、またはコメントで検索

in 修飾子によって、タイトル、本文、コメントやその組み合わせに限定した検索ができます。 この修飾子を省略した場合、タイトル、本文、そしてコメントがすべて検索されます。

修飾子サンプル
in:titlewarning in:title は、タイトルに「warning」を含む Issue にマッチします。
in:bodyerror in:title,body は、タイトルか本文に「error」を含む Issue にマッチします。
in:commentsshipit in:comments は、コメントで「shipit」にメンションしている Issue にマッチします。

ユーザまたは Organization のリポジトリ内の検索

特定のユーザーや Organization が保有するすべてのリポジトリの Issue とプルリクエストを検索するには、 user 修飾子または org 修飾子を使います。 特定のリポジトリの Issue やプルリクエストを検索するには、repo 修飾子を使います。

修飾子サンプル
user:USERNAMEuser:defunkt ubuntu は、@defunkt が保有するリポジトリからの「ubuntu」という単語がある Issue にマッチします。
org:ORGNAMEorg:github は、GitHub Organization が保有するリポジトリの Issue にマッチします。
repo:USERNAME/REPOSITORYrepo:mozilla/shumway created:<2012-03-01 は、2012 年 3 月より前に作成された @mozilla の shumway プロジェクトからの Issue にマッチします。

オープンかクローズかで検索

state 修飾子または is 修飾子を使って、オープンかクローズかで、Issue およびプルリクエストをフィルタリングできます。

修飾子サンプル
state:openlibraries state:open mentions:vmg は、「libraries」という単語がある @vmg にメンションしているオープン Issue にマッチします。
state:closeddesign state:closed in:body は、本文に「design」という単語がある、クローズされた Issue にマッチします。
is:openperformance is:open is:issue は、「performance」という単語があるオープン Issue にマッチします。
is:closedandroid is:closed は、「android」という単語があるクローズされた Issue とプルリクエストにマッチします。

リポジトリの可視性によるフィルタ

You can filter by the visibility of the repository containing the issues and pull requests using the is qualifier. 詳細は「リポジトリの可視性について」を参照してください。

| Qualifier | Example | ------------- | ------------- | | is:public | is:public matches issues and pull requests in public repositories. | is:private | is:private cupcake matches issues and pull requests that contain the word "cupcake" in private repositories you can access.

作者で検索

author 修飾子によって、特定のユーザまたはインテグレーションアカウントが作成した Issue およびプルリクエストを検索できます。

修飾子サンプル
author:USERNAMEcool author:gjtorikian matches issues and pull requests with the word "cool" that were created by @gjtorikian.
bootstrap in:body author:mdo matches issues written by @mdo that contain the word "bootstrap" in the body.
author:app/USERNAMEauthor:app/robot matches issues created by the integration account named "robot."

アサインされた人で検索

assignee 修飾子は、特定のユーザにアサインされた Issue およびプルリクエストを表示します。 You cannot search for issues and pull requests that have any assignee, however, you can search for issues and pull requests that have no assignee.

修飾子サンプル
assignee:USERNAMEassignee:vmg repo:libgit2/libgit2 matches issues and pull requests in libgit2's project libgit2 that are assigned to @vmg.

メンションで検索

mentions 修飾子は、特定のユーザーにメンションしている Issue を表示します。 詳細は「人およびチームにメンションする」を参照してください。

修飾子サンプル
mentions:USERNAMEresque mentions:defunkt matches issues with the word "resque" that mention @defunkt.

Team メンションで検索

あなたが属する Organization および Team について、 team 修飾子により、Organization 内の一定の Team に @メンションしている Issue またはプルリクエストを表示します。 検索を行うには、これらのサンプルの名前をあなたの Organization および Team の名前に置き換えてください。

修飾子サンプル
team:ORGNAME/TEAMNAMEteam:jekyll/owners matches issues where the @jekyll/owners team is mentioned.
team:myorg/ops is:open is:pr matches open pull requests where the @myorg/ops team is mentioned.

コメントした人で検索

commenter 修飾子は、特定のユーザからのコメントを含む Issue を検索します。

修飾子サンプル
commenter:USERNAMEgithub commenter:defunkt org:github matches issues in repositories owned by GitHub, that contain the word "github," and have a comment by @defunkt.

Issue やプルリクエストに関係したユーザで検索

involves 修飾子は、特定のユーザが何らかの方法で関与する Issue を表示します。 involves 修飾子は、単一ユーザについて、authorassigneementions、および commenter を論理 OR でつなげます。 言い換えれば、この修飾子は、特定のユーザが作成した、当該ユーザにアサインされた、当該ユーザをメンションした、または、当該ユーザがコメントした、Issue およびプルリクエストを表示します。

修飾子サンプル
involves:USERNAMEinvolves:defunkt involves:jlord matches issues either @defunkt or @jlord are involved in.
NOT bootstrap in:body involves:mdo matches issues @mdo is involved in that do not contain the word "bootstrap" in the body.

ラベルで検索

label 修飾子を使って、ラベルで検索結果を絞り込むことができます。 Issue は複数のラベルがある可能性があることから、各 Issue について異なる修飾子を記載できます。

修飾子サンプル
label:LABELlabel:"help wanted" language:ruby は、Ruby のリポジトリにある「help wanted」のラベルがある Issue にマッチします。
broken in:body -label:bug label:priorityは、「bug」ラベルはないが「priority」ラベルがある、本文に「broken」という単語がある Issue にマッチします。**
label:bug label:resolved は、「bug」および「resolved」というラベルがある Issue にマッチします。

マイルストーンで検索

milestone 修飾子は、リポジトリ内のマイルストーンの一部である Issue またはプルリクエストを表示します。

修飾子サンプル
milestone:MILESTONEmilestone:"overhaul"は、「overhaul」という名前のマイルストーンにある Issue にマッチします。
milestone:"bug fix"は、「bug fix」という名前のマイルストーンにある Issue にマッチします。

プロジェクトボードで検索

リポジトリまたは Organization にある特定のプロジェクトボードと関連する Issue を表示するには、project 修飾子を使います。 プロジェクトボードはプロジェクトボード番号で検索する必要があります。 プロジェクトボードの URL の末尾に、プロジェクトボード番号が表示されています。

修飾子サンプル
project:PROJECT_BOARDproject:github/57 は、Organization のプロジェクトボード 57 に関連付けられている、GitHub が所有する Issue にマッチします。
project:REPOSITORY/PROJECT_BOARDproject:github/linguist/1 は、@github の Linguist リポジトリのプロジェクトボード 1 に関連付けられている Issue にマッチします。

コミットステータスで検索

コミットのステータスでプルリクエストをフィルタリングできます。 ステータス API または CI サービスを使っている場合、特に役立ちます。

修飾子サンプル
status:pendinglanguage:go status:pending は、ステータスが pending になっている Go リポジトリにオープンしたプルリクエストにマッチします。
status:successis:open status:success finally in:body は、ステータスが successful になっている body に「finally」という単語があるオープンなプルリクエストにマッチします。
status:failurecreated:2015-05-01..2015-05-30 status:failure は、ステータスが failed になっている 2015 年 5 月にオープンしたプルリクエストにマッチします。

コミット SHA で検索

コミットの特定の SHA ハッシュを知っている場合、その SHA を含むプルリクエストを検索するために使えます。 SHA の構文は、7 字以上であることが必要です。

修飾子サンプル
SHAe1109ab は、e1109ab で始まるコミット SHA のプルリクエストにマッチします。
0eff326d6213c is:merged は、0eff326d6213cで始まるコミット SHA のマージされたプルリクエストにマッチします。

ブランチ名で検索

元のブランチ (「head」ブランチ) またはマージされるブランチ (「base」ブランチ) でプルリクエストをフィルタリングできます。

修飾子サンプル
head:HEAD_BRANCHhead:change is:closed is:unmerged は、クローズされた「change」という単語から始まる名前のブランチから開かれたプルリクエストに一致します。
base:BASE_BRANCHbase:gh-pages は、gh-pages ブランチにマージされるプルリクエストにマッチします。

言語で検索

language 修飾子により、特定の言語で記述されたリポジトリ内の Issue およびプルリクエストを検索できます。

修飾子サンプル
language:LANGUAGElanguage:ruby state:open は、Ruby のリポジトリにあるオープン Issue にマッチします。

コメントの数で検索

コメントの数で検索するには、不等号や範囲の修飾子とともに comments 修飾子を使います。

修飾子サンプル
comments:nstate:closed comments:>100は、コメント数が 100 を超えるクローズした Issue にマッチします。
comments:500..1000は、500 から 1,000 までの範囲のコメント数の Issue にマッチします。

インタラクションの数で検索

interactions 修飾子と不等号や範囲の修飾子を使って、Issue や プルリクエストをインタラクションの数でフィルタリングできます。 インタラクションの数とは、1 つの Issue またはプルリクエストにあるリアクションおよびコメントの数のことです。

修飾子サンプル
interactions:n interactions:>2000 は、インタラクションの数が 2,000 を超えるプルリクエストまたは Issue にマッチします。
interactions:500..1000 は、インタラクションの数が 500 から 1,000 までの範囲のプルリクエストまたは Issue にマッチします。

リアクションの数で検索

reactions 修飾子と不等号や範囲の修飾子を使って、Issue や プルリクエストをリアクションの数でフィルタリングできます。

修飾子サンプル
reactions:n reactions:>1000 は、リアクションの数が 1,000 を超える Issue にマッチします。
reactions:500..1000 は、リアクションの数が 500 から 1,000 までの範囲の Issue にマッチします。

ドラフトプルリクエストを検索

ドラフトプルリクエストをフィルタリングすることができます。 詳しい情報についてはプルリクエストについてを参照してください。

| Qualifier | Example | ------------- | ------------- | is:draft | is:draft はドラフトプルリクエストに一致します。

プルリクエストレビューのステータスおよびレビュー担当者で検索

レビュー担当者およびレビューリクエストを受けた人で、レビューステータス (nonerequiredapproved、または changes requested) でプルリクエストをフィルタリングできます。

修飾子サンプル
review:nonetype:pr review:none は、レビューされていないプルリクエストにマッチします。
review:requiredtype:pr review:required は、マージ前にレビューが必要なプルリクエストにマッチします。
review:approvedtype:pr review:approved は、レビュー担当者が承認したプルリクエストにマッチします。
review:changes_requestedtype:pr review:changes_requested は、レビュー担当者が変更を求めたプルリクエストにマッチします。
reviewed-by:USERNAMEtype:pr reviewed-by:gjtorikian は、特定の人がレビューしたプルリクエストにマッチします。
review-requested:USERNAMEtype:pr review-requested:benbalter は、特定の人にレビューがリクエストされているプルリクエストにマッチします。 リクエストを受けたレビュー担当者は、プルリクエストのレビュー後は検索結果に表示されなくなります。 リクエストされた人物がレビューをリクエストされている Team にいる場合は、その Team のレビューリクエストも検索結果に表示されます。
team-review-requested:TEAMNAMEtype:pr team-review-requested:atom/design は、Team atom/designからのレビューリクエストがあるプルリクエストにマッチします。 リクエストを受けたレビュー担当者は、プルリクエストのレビュー後は検索結果に表示されなくなります。

Issue やプルリクエストの作成時期や最終更新時期で検索

作成時期または最終更新時期で Issue をフィルタリングできます。 Issue の作成時期については、created の修飾子を使います。Issue の最終更新時期で表示するには、updated の修飾子を使います。

どちらの修飾子も、パラメータとして日付を使います。 日付の形式は ISO8601標準に従い、YYYY-MM-DD(年-月-日) とする必要があります。 オプションの時間情報のTHH:MM:SS+00:00を日付の後に付けて、時、分、秒で検索できるようにすることもできます。 これはTの後にHH:MM:SS(時-分-秒)、そしてUTCオフセット(+00:00)を続けたものです。

日付では大なり、小なりおよび範囲指定を使用できます。

修飾子サンプル
created:YYYY-MM-DDlanguage:c# created:<2011-01-01 state:open は、C# で記述されたリポジトリの 2011 年より前に作成されたオープンな Issue にマッチします。
updated:YYYY-MM-DDweird in:body updated:>=2013-02-01 は、2013 年 2 月以降に更新された、本文に「weird」という単語を含む Issue にマッチします。

Issue やプルリクエストがクローズされた時期で検索

closed 修飾子を使って、Issue およびプルリクエストを、クローズされているかどうかでフィルタリングできます。

この修飾子は、パラメータとして日付を使います。 日付の形式は ISO8601標準に従い、YYYY-MM-DD(年-月-日) とする必要があります。 オプションの時間情報のTHH:MM:SS+00:00を日付の後に付けて、時、分、秒で検索できるようにすることもできます。 これはTの後にHH:MM:SS(時-分-秒)、そしてUTCオフセット(+00:00)を続けたものです。

日付では大なり、小なりおよび範囲指定を使用できます。

修飾子サンプル
closed:YYYY-MM-DDlanguage:swift closed:>2014-06-11 は、2014 年 6 月 11 日より後にクローズした Swift の Issue およびプルリクエストにマッチします。
data in:body closed:<2012-10-01 は、2012 年 10 月より前にクローズされた、body に「data」という単語がある Issue およびプルリクエストにマッチします。

プルリクエストがマージされた時期で検索

merged 修飾子を使って、マージされているかどうかでプルリクエストをフィルタリングできます。

この修飾子は、パラメータとして日付を使います。 日付の形式は ISO8601標準に従い、YYYY-MM-DD(年-月-日) とする必要があります。 オプションの時間情報のTHH:MM:SS+00:00を日付の後に付けて、時、分、秒で検索できるようにすることもできます。 これはTの後にHH:MM:SS(時-分-秒)、そしてUTCオフセット(+00:00)を続けたものです。

日付では大なり、小なりおよび範囲指定を使用できます。

修飾子サンプル
merged:YYYY-MM-DDlanguage:javascript merged:<2011-01-01 は、2011 年より前にマージされた JavaScript のリポジトリにあるプルリクエストにマッチします。
fast in:title language:ruby merged:>=2014-05-01は、2014 年 5 月以降にマージされた、タイトルに「fast」という単語がある Ruby のプルリクエストにマッチします。

プルリクエストがマージされているかどうかで検索

is 修飾子を使って、マージされたかどうかでプルリクエストをフィルタリングできます。

修飾子サンプル
is:mergedbugfix is:pr is:merged は、「bugfix」という単語がある、マージされたプルリクエストにマッチします。
is:unmergederror is:unmerged は、「error」という単語がある、クローズされた Issue およびプルリクエストにマッチします。

リポジトリがアーカイブされているかどうかで検索

archived 修飾子は、Issue またはプルリクエストがアーカイブされたリポジトリにあるかどうかでフィルタリングできます。

修飾子サンプル
archived:truearchived:true GNOME は、アクセスできるアーカイブされたリポジトリの、「GNOME」という単語を含む Issue およびプルリクエストにマッチします。
archived:falsearchived:false GNOME は、アクセスできるアーカイブされていないリポジトリの、「GNOME」という単語を含む Issue およびプルリクエストにマッチします。

会話がロックされているかどうかで検索

is 修飾子を使用して、ロックされている会話がある Issue またはプルリクエストを検索することができます。 詳細は「会話をロックする」を参照してください。

修飾子サンプル
is:lockedcode of conduct is:locked is:issue archived:false は、アーカイブされていないリポジトリにロックされている会話がある、「code of conduct」という言葉を含む Issue またはプルリクエストにマッチします。
is:unlockedcode of conduct is:unlocked is:issue archived:false は、アーカイブされていないリポジトリにアンロックされている会話がある、「code of conduct」という言葉を含む Issue またはプルリクエストにマッチします。

欠損しているメタデータで検索

no 修飾子を使って、一定のメタデータがない Issue およびプルリクエストに検索を絞り込むことができます。 こうしたメタデータには、以下のようなものがあります:

  • ラベル
  • マイルストーン
  • アサインされた人
  • プロジェクト
修飾子サンプル
no:labelpriority no:label は、ラベルのない、「priority」という単語がある Issue およびプルリクエストにマッチします。
no:milestonesprint no:milestone type:issue は、「sprint」という単語を含む、マイルストーンと関連のない Issue にマッチします。
no:assigneeimportant no:assignee language:java type:issue は、Java のリポジトリにある、「important」という単語を含む、アサインされた人とは関連付けられていない Issue にマッチします。
no:projectbuild no:project は、「build」という単語を含む、プロジェクトボードとは関連付けられていない Issue にマッチします。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.