Skip to main content

セキュリティの概要の表示

セキュリティの概要で使用できるさまざまなビューに移動します

Who can use this feature

組織所有者とセキュリティ マネージャーは、組織レベルのセキュリティの概要にアクセスできます。また、エンタープライズレベルのセキュリティの概要を介して複数の組織にまたがるアラートを表示できます。 エンタープライズ所有者は、自身が組織所有者またはセキュリティ マネージャーとして追加されている組織のリポジトリとアラートのみを表示できます。 組織メンバーは、組織レベルのセキュリティの概要にアクセスして、自身が管理者特権を持つ、またはセキュリティ アラートへのアクセス権が付与されているリポジトリの結果を表示できます。

すべての組織とエンタープライズにセキュリティの概要があります。 パブリック リポジトリでは無料である GitHub Advanced Security 機能を使っている場合は、追加情報が表示されます。 詳細については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

セキュリティの概要に示される情報は、リポジトリへのアクセス権や、GitHub Advanced Security がこれらのリポジトリによって使用されているかどうかに応じて異なります。

Organizationのセキュリティの概要の表示

  1. GitHub.com で、Organization のメイン ページへ移動します。 1. Organization 名の下で、 [セキュリティ] をクリックします。 Organization の [セキュリティ] ボタン
  2. アラートの種類について集計情報を表示するには、 Show more をクリックします。 [Show more] ボタン 1. あるいは、アラートのリストをフィルタしてください。 検索を絞り込むために、ドロップダウンのフィルタメニュー内で複数のフィルタをクリックできます。 [検索リポジトリ] フィールドに検索修飾子を入力することもできます。 使用可能な修飾子の詳細については、「セキュリティの概要でのアラートのフィルター処理」を参照してください。 セキュリティの概要のドロップダウン フィルター メニューと [検索リポジトリ] フィールド 1. または、必要であれば、左側のサイドバーを使用して、セキュリティ機能ごとに情報をフィルター処理します。 各ページでは、その機能固有のフィルターを使用して、検索を微調整できます。 使用可能な修飾子の詳細については、「セキュリティの概要でのアラートのフィルター処理」を参照してください。 コード スキャン固有ページのスクリーンショット

エンタープライズのセキュリティの概要の表示

注: [Security Coverage] (セキュリティ カバレッジ) ビューから直接ワンクリックで設定できるセキュリティ機能を有効または無効にできます。 詳しくは、「[Security Coverage] ビュー」をご覧ください。

  1. GitHub.com に移動します。

  2. GitHub.com の右上の自分のプロフィール写真をクリックし、 [自分のエンタープライズ] をクリックしてください。 GitHub Enterprise Cloud のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise]

  3. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 エンタープライズのリストのエンタープライズの名前

  4. 左側のサイドバーで、 [Code Security](コード セキュリティ) をクリックします。

  5. または、必要であれば、左側のサイドバーを使用して、セキュリティ機能ごとに情報をフィルター処理します。 各ページでは、その機能固有のフィルターを使用して、検索を微調整できます。 使用可能な修飾子の詳細については、「セキュリティの概要でのアラートのフィルター処理」を参照してください。