GitHub におけるコミュニティの会話のベストプラクティス

You can use discussions to brainstorm with your team, and eventually move the conversation to an issue when you are ready to scope out the work.

GitHub Discussions 内のコミュニティの会話

GitHub Discussions はオープンフォーラムのため、コード以外のコラボレーションをプロジェクトのリポジトリに取り込み、さまざまなフィードバックやアイデアをより迅速に収集する機会があります。 生産的な会話を促進するには、次のような方法があります。

  • 特定のフィードバックを収集するために、直接的な質問とフォローアップの質問をする
  • 多様な体験を捉えて、主要なポイントに絞り込む
  • Issue をオープンし、会話に基づいてアクションを実行する (該当する場合)

Issue のオープンおよびディスカッションの相互参照について詳しくは、「コメントから Issue をオープンする」を参照してください。

GitHubでの会話について学ぶ

希望する会話のタイプに応じて、ディスカッション、Issue、プルリクエストを作成して参加できます。

GitHub Discussions を使用して、全体像のアイデアについて話し合い、ブレインストーミングを行って、プロジェクトを Issue にコミットする前にプロジェクトの特定の詳細をスパイクして、スコープを設定できます。 GitHub Discussions is useful for teams if:

  • プロジェクトの発見段階で、Team が参加するディレクターを検討している場合
  • より広いコミュニティからプロジェクトについてのフィードバックを収集する必要がある場合
  • バグ修正、機能リクエスト、一般的な会話を別々に保持する必要がある場合

Issueは、バグレポートや計画された改善など、プロジェクトの特定の詳細についての議論に役立ちます。 詳細は「Issue について」を参照してください。 プルリクエストでは、提案された変更に直接コメントできます。 詳しい情報についてはプルリクエストについて及びプルリクエストへコメントするを参照してください。

Teamのページでは、複数のプロジェクトあるいはリポジトリにまたがり、特定のIssueやプルリクエストに属さない会話のためにTeamディスカッションが利用できます。 アイデアについてディスカッションするためにリポジトリでIssueを開く代わりに、Teamディスカッションで会話することでTeam全体を巻き込めます。詳しい情報については「Team ディスカッションについて」を参照してください。

コントリビューションガイドラインに従う

ディスカッションを開く前に、リポジトリにコントリビューションガイドラインがあるかどうかを確認してください。 CONTRIBUTING ファイルには、リポジトリメンテナがプロジェクトにアイデアを提供する方法に関する情報が含まれています。

詳しい情報については、「健全なコントリビューションを促すプロジェクトをセットアップする」を参照してください。

次のステップ

GitHub Discussions について引き続き学び、コミュニティのディスカッションをすばやく作成するには、「GitHub Discussions のクイックスタート」を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?