ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Actions の利用上限を管理する

GitHub Actions の使用に対して利用上限を設定できます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

GitHub Actions の利用上限について

パブリックリポジトリでは、GitHub Actionsの利用は無料です。 プライベートリポジトリでは、それぞれのGitHubアカウントは使用している製品に応じて一定量の無料の分とストレージを受け取ります。 デフォルトでは料金の上限は$0になっており、この上限に達した後に追加で分やストレージが使われないようになっています。 デフォルトの$0以上に料金の上限を増やすと、上限を超えた分の分やストレージに対して課金されます。これは過剰分とも呼ばれます。 GitHubは、ワークフローが実行されたリポジトリを所有するアカウントの利用状況に課金をします。 アカウントのクーポンは、GitHub Actionsの過剰分には適用されません。

設定する利用上限を引き上げたり、一部のアカウントについて無制限に設定することができます。 OrganizationまたはEnterprise アカウントの分を請求書で支払っている場合、超過分を前払いして、利用上限を引き上げることができます。 The spending limit applies to your combined overages for GitHub Actions and GitHub Packages. For more information about pricing for GitHub Actions usage, see "About billing for GitHub Actions."

利用上限を$0より高く設定すると、過去に発生した超過分についても請求が生じます。 たとえば、Organizationで GitHub Team を使用していて超過を許可しておらず、月あたりのストレージ使用量が1.9GBから2.1GBに増えるワークフローアーティファクトを作成した場合、ストレージは製品に含まれる2GBをわずかに超えることになります。

超過を有効にしていなかったため、次にパッケージのバージョンを発行しようとしても失敗します。 その月の0.1GBの超過分について請求書は発行されません。 ただし、次の月に超過を有効にすると、新しい請求サイクルの超過分に加えて、過去の0.1GB超過分が最初の請求書に含まれます。

ユーザアカウントの GitHub Actions に対する利用上限を管理する

自身のユーザアカウントに対する GitHub Actions の利用上限は、誰でも管理できます。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. ユーザ設定サイドバーでBilling(支払い)をクリックしてください。
    支払い設定
  3. "Billing(支払い)"の下で、Cost management(コスト管理)をクリックしてください。
    コスト管理タブ
  4. "Monthly spending limit(月額の料金上限)"の下で、料金の上限もしくは料金無制限を選択してください。
    料金を制限するか、無制限にするかのラジオボタン
  5. 料金を制限するように選択した場合、"Limit spending(料金の制限)"の下で限度額を入力し、Update limit(制限を更新)をクリックしてください。
    料金の制限の入力フィールドと制限の更新ボタン

Organizationの GitHub Actions に対する利用上限を管理する

Organization の GitHub Actions については、Organizationのオーナーと支払いマネージャーが利用上限を管理できます。

Organizationアカウントに対して請求書での支払いをしている場合、GitHub上のEnterpriseアカウントに対する料金の上限を管理できません。 Organizationが所有するリポジトリで、各リポジトリに含まれるストレージまたはデータ転送を超えてGitHub Actionsを使用を許可する場合は、超過分を前払いすることができます。 超過分は前払いする必要があるので、請求書で支払わうアカウントに対して無制限の使用を有効にすることはできません。 利用上限は、事前支払いした額の150%になります。 質問がある場合は営業チームまでお問い合わせください。

  1. GitHubの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    プロフィール画像
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。
    organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  4. OrganizationのSettings(設定)サイドバーで、Billing(支払い)をクリックしてください。
    支払い設定
  5. "Billing(支払い)"の下で、Cost management(コスト管理)をクリックしてください。
    コスト管理タブ
  6. "Monthly spending limit(月額の料金上限)"の下で、料金の上限もしくは料金無制限を選択してください。
    料金を制限するか、無制限にするかのラジオボタン
  7. 料金を制限するように選択した場合、"Limit spending(料金の制限)"の下で限度額を入力し、Update limit(制限を更新)をクリックしてください。
    料金の制限の入力フィールドと制限の更新ボタン

Enterprise アカウントの GitHub Actions に対する利用上限を管理する

Enterprise owners and billing managers can manage the spending limit for GitHub Actions for an enterprise account.

Enterpriseアカウントに対して請求書での支払いをしていると、GitHub上のEnterpriseアカウントに対する料金の上限を管理できません。 Enterpriseアカウントが所有するOrganizationにおいて、アカウントに含まれている以上のストレージもしくはデータ転送をGitHub Actionsで使えるようにしたい場合には、過剰分を事前支払いできます。 超過分は前払いする必要があるので、請求書で支払うアカウントに対して無制限の使用を有効にすることはできません。 利用上限は、事前支払いした額の150%になります。 質問がある場合は営業チームまでお問い合わせください。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAMEにアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAMEはあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。
  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ
  3. 左のサイドバーでBilling(支払い)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウント設定のサイドバーの支払いタブ
  4. [GitHub Actions and Packages monthly usage] で、[Cost management] をクリックします。
    コスト管理タブ
  5. "Monthly spending limit(月額の料金上限)"の下で、料金の上限もしくは料金無制限を選択してください。
    料金を制限するか、無制限にするかのラジオボタン
  6. 料金を制限するように選択した場合、"Limit spending(料金の制限)"の下で限度額を入力し、Update limit(制限を更新)をクリックしてください。
    料金の制限の入力フィールドと制限の更新ボタン

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください