ja ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Actions の利用上限を管理する

GitHub Actions の使用に対して利用上限を設定できます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 For more information, see "GitHub's products."

ここには以下の内容があります:

GitHub Actions の利用上限について

GitHub Actions usage is free for public repositories and self-hosted runners. プライベートリポジトリでは、それぞれのGitHubアカウントは使用している製品に応じて一定量の無料の分とストレージを受け取ります。 Any usage beyond the included amounts is controlled by spending limits.

If you are a monthly-billed customer, your account will have a default spending limit of $0, which prevents additional usage of minutes or storage for private repositories beyond the amounts included with your account. If you pay your account by invoice, your account will have an unlimited default spending limit.

You can set a specific spending limit or, for some accounts, allow unlimited spending. 利用上限は、GitHub Packages と GitHub Actions を組み合わせた範囲に適用されます。 For more information about pricing for GitHub Actions usage, see "About billing for GitHub Actions."

As soon as you set a spending limit other than $0, you will be responsible for any existing overages in the current billing period. たとえば、Organizationで GitHub Team を使用していて超過を許可しておらず、月あたりのストレージ使用量が1.9GBから2.1GBに増えるワークフローアーティファクトを作成した場合、ストレージは製品に含まれる2GBをわずかに超えることになります。

Because you have not enabled overages, your next attempt to create a workflow artifact will fail. その月の0.1GBの超過分について請求書は発行されません。 However, if you enable overages, your first bill will include the 0.1GB of existing overage for the current billing cycle, as well as any additional overages you accrue.

ユーザアカウントの GitHub Actions に対する利用上限を管理する

自身のユーザアカウントに対する GitHub Actions の利用上限は、誰でも管理できます。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. ユーザ設定サイドバーでBilling(支払い)をクリックしてください。
    支払い設定
  3. "Billing(支払い)"の下で、Cost management(コスト管理)をクリックしてください。
    コスト管理タブ
  4. "Monthly spending limit(月額の料金上限)"の下で、料金の上限もしくは料金無制限を選択してください。
    料金を制限するか、無制限にするかのラジオボタン
  5. 料金を制限するように選択した場合、"Limit spending(料金の制限)"の下で限度額を入力し、Update limit(制限を更新)をクリックしてください。
    料金の制限の入力フィールドと制限の更新ボタン

Organizationの GitHub Actions に対する利用上限を管理する

Organization の GitHub Actions については、Organizationのオーナーと支払いマネージャーが利用上限を管理できます。

  1. GitHubの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    プロフィール画像
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。
    organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  4. OrganizationのSettings(設定)サイドバーで、Billing(支払い)をクリックしてください。
    支払い設定
  5. "Billing(支払い)"の下で、Cost management(コスト管理)をクリックしてください。
    コスト管理タブ
  6. "Monthly spending limit(月額の料金上限)"の下で、料金の上限もしくは料金無制限を選択してください。
    料金を制限するか、無制限にするかのラジオボタン
  7. 料金を制限するように選択した場合、"Limit spending(料金の制限)"の下で限度額を入力し、Update limit(制限を更新)をクリックしてください。
    料金の制限の入力フィールドと制限の更新ボタン

Enterprise アカウントの GitHub Actions に対する利用上限を管理する

Enterprise アカウントの GitHub Actions については、Enterprise オーナーと支払いマネージャーが利用上限を管理できます。

  1. In the top-right corner of GitHub, click your profile photo, then click Your enterprises.

    "Your enterprises" in drop-down menu for profile photo on GitHub

  2. In the list of enterprises, click the enterprise you want to view.

    Name of an enterprise in list of your enterprises

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  4. 左のサイドバーでBilling(支払い)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウント設定のサイドバーの支払いタブ

  5. [ [GitHub Actions and Packages monthly usage] で、[Cost management] をクリックします。

    コスト管理タブ

  6. "Monthly spending limit(月額の料金上限)"の下で、料金の上限もしくは料金無制限を選択してください。

    料金を制限するか、無制限にするかのラジオボタン

  7. 料金を制限するように選択した場合、"Limit spending(料金の制限)"の下で限度額を入力し、Update limit(制限を更新)をクリックしてください。

    料金の制限の入力フィールドと制限の更新ボタン

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.