ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

Markdown

The Markdown API enables you to render a markdown document as an HTML page or as raw text.

Render a Markdown document

post /markdown

パラメータ

Name Type In Description
accept string header

Setting to application/vnd.github.v3+json is recommended.

text string body

Required. The Markdown text to render in HTML.

mode string body

The rendering mode.

Default: markdown
context string body

The repository context to use when creating references in gfm mode.

コードサンプル

Shell
curl \
  -X POST \
  -H "Accept: application/vnd.github.v3+json" \
  https://{hostname}/api/v3/markdown \
  -d '{"text":"text"}'
JavaScript (@octokit/core.js)
await octokit.request('POST /markdown', {
  text: 'text'
})

Response

Status: 200 OK

Not modified

Status: 304 Not Modified

Notes


Render a Markdown document in raw mode

You must send Markdown as plain text (using a Content-Type header of text/plain or text/x-markdown) to this endpoint, rather than using JSON format. In raw mode, GitHub Flavored Markdown is not supported and Markdown will be rendered in plain format like a README.md file. Markdown content must be 400 KB or less.

post /markdown/raw

コードサンプル

Shell
curl \
  -X POST \
  -H "Accept: application/vnd.github.v3+json" \
  https://{hostname}/api/v3/markdown/raw
JavaScript (@octokit/core.js)
await octokit.request('POST /markdown/raw')

Response

Status: 200 OK

Not modified

Status: 304 Not Modified

Notes


このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?