Skip to main content

CIサーバーの構築

この記事では、次の項目が扱われます。

Status APIで独自のCIシステムを構築しましょう。

Status API は、コミットをテスト サービスと結びつけて、行うすべてのプッシュがテストされ、GitHub Enterprise Cloud の pull request で表すことができるようにする役割を果たします。

このAPIでは、ステータスAPIを使って、利用できる設定を示します。 このシナリオでは、以下を行います。

  • プルリクエストが開かれたときにCIスイートを実行します (CIステータスを保留中に設定します)。
  • CIが終了したら、それに応じてプルリクエストのステータスを設定します。

このCIシステムとホストサーバーは、想像上のものです。 Travis でも、Jenkins でも、何でも構いません。 このガイドのポイントは、通信を管理するサーバーを設定し、構成することにあります。

まだ行ってない場合は必ず ngrok をダウンロードし、その使い方を確認してください。 これはローカル接続を公開するために非常に役立つツールです。

注: このプロジェクトの完全なソース コードは、platform-samples リポジトリからダウンロードできます。

サーバーを書く

ローカル接続が機能していることを証明するための、簡単なSinatraアプリケーションを書きます。 まずは以下のソースから始めましょう。

require 'sinatra'
require 'json'

post '/event_handler' do
  payload = JSON.parse(params[:payload])
  "Well, it worked!"
end

(Sinatra のしくみに詳しくない場合は、Sinatra ガイドを読むことをお勧めします。)

このサーバーを起動してください。 既定では、Sinatra はポート 4567 で起動するため、これのリッスンも開始するよう ngrok を構成するとよいでしょう。

このサーバーが機能するには、webhookでリポジトリを設定する必要があります。 プルリクエストが作成やマージされるたびに、webhookが起動するよう設定すべきです。 なんでも好きにして構わないようなリポジトリを作成しましょう。 @octocat の Spoon/Knife リポジトリなどはどうでしょうか。 その後、リポジトリ内に新しい Webhook を作成し、ngrok で提供された URL を指定し、コンテンツ タイプとして application/x-www-form-urlencoded を選びます。

新しいngrok URL

[Webhook の更新] をクリックします。 Well, it worked! という本文の応答が表示されます。 すばらしい。 [個々のイベントの選択] をクリックし、以下を選びます。

  • 状態
  • Pull Request

これらは、関係するアクションが発生するたびに GitHub Enterprise Cloud によってこのサーバーに送信されるイベントです。 ここで pull request のシナリオ だけ を処理するようサーバーを更新しましょう。

post '/event_handler' do
  @payload = JSON.parse(params[:payload])

  case request.env['HTTP_X_GITHUB_EVENT']
  when "pull_request"
    if @payload["action"] == "opened"
      process_pull_request(@payload["pull_request"])
    end
  end
end

helpers do
  def process_pull_request(pull_request)
    puts "It's #{pull_request['title']}"
  end
end

何が起こっているのでしょうか。 GitHub Enterprise Cloud によって送信されるすべてのイベントには、X-GitHub-Event HTTP ヘッダーが添付されています。 ここではPRイベントのみに注目しましょう。 そこから、情報のペイロードを取得し、タイトルのフィールドを返します。 理想的なシナリオにおいては、pull request が開かれたときだけではなく、更新されるたびにサーバーが関与します。 そうすると、すべての新しいプッシュがCIテストに合格するようになります。 しかしこのデモでは、開かれたときについてのみ気にすることにしましょう。

この概念実証を試すため、テスト リポジトリのブランチで何か変更を行い、pull request を開きます。 そうすると、サーバーはそれに応じてレスポンスを返すはずです。

ステータスを扱う

サーバーの環境を整えたところで、最初の要件、つまり CI 状態の設定 (と更新) を始める準備が整いました。 いつでもサーバーを更新するときに、 [再配信] をクリックして同じペイロードを送信できることに留意してください。 変更を行うたびに新しい pull request を作成する必要はありません。

GitHub API とやり取りしているので、そのやり取りを管理するために Octokit.rb を使います。 個人用アクセス トークンを使ってそのクライアントを構成します。

# !!! DO NOT EVER USE HARD-CODED VALUES IN A REAL APP !!!
# Instead, set and test environment variables, like below
ACCESS_TOKEN = ENV['MY_PERSONAL_TOKEN']

before do
  @client ||= Octokit::Client.new(:access_token => ACCESS_TOKEN)
end

その後、CI で処理していることを明確にするため、GitHub Enterprise Cloud の pull request を更新するだけでよいのです。

def process_pull_request(pull_request)
  puts "Processing pull request..."
  @client.create_status(pull_request['base']['repo']['full_name'], pull_request['head']['sha'], 'pending')
end

ここでは3つの基本的なことを行っています。

  • リポジトリのフルネームを検索する
  • プルリクエストの最後のSHAを検索する
  • ステータスを「保留中」に設定する

これで完了です。 これで、テスト スイートを実行するために必要なあらゆるプロセスを実行できます。 コードを Jenkins に渡すことも、API 経由で Travis のような別の Web サービスを呼び出すこともできます。 その後は、状態をもう一度更新するようにしてください。 この例では、単に "success" に設定します。

def process_pull_request(pull_request)
  @client.create_status(pull_request['base']['repo']['full_name'], pull_request['head']['sha'], 'pending')
  sleep 2 # do busy work...
  @client.create_status(pull_request['base']['repo']['full_name'], pull_request['head']['sha'], 'success')
  puts "Pull request processed!"
end

まとめ

GitHub では長年、CI を管理するためにあるバージョンの Janky を使ってきました。 その基本的なフローは、上記で構築してきたサーバーと本質的にまったく同じです。 GitHubでは、以下を実行しています。

  • プルリクエストが作成または更新されたときにJenkinsに送信する (Janky経由)
  • CIのステータスについてのレスポンスを待つ
  • コードが緑色なら、プルリクエストにマージする

これら全ての通信は、チャットルームに集約されます。 この例を使うために、独自の CI 設定をビルドする必要はありません。 いつでも GitHub 統合に頼ることができます。