ja ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AE is currently under limited release. Please contact our Sales Team to find out more.

GitHub Appの権限の設定

When you create a GitHub App, you set the permissions that define the resources the app can access via the REST API.

GitHub Appを作成する際に、そのアプリケーションがエンドユーザのデータにアクセスするために必要な権限を選択できます。 権限は、追加することも削除することもできます。 詳しい情報については「GitHub Appの権限の編集」を参照してください。

メタデータ権限

デフォルトでは、GitHub AppはメタデータエンドポイントにRead-onlyのアクセスを持ちます。 メタデータは、読み取りのみのエンドポイントの集合で、認可されたインストールからアクセスできるリソースに関する一般的な情報を提供します。

If you set the metadata permission to No access and select a permission that requires repository access, GitHub will override your selection and set the metadata permission back to Read-only. To set the metadata permission to No access, you must set all permissions that require repository access to No access first. メタデータエンドポイントのリストについては、「メタデータの権限」を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.