ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

GitHub App の権限を編集する

GitHub Appを登録した後に、アプリケーションの権限を変更できます。

注釈: アカウントまたは Organization のオーナーが変更を承認するまで、更新した権限はインストールしたアプリケーションに反映されません。 InstallationEvent webhook を使用すると、ユーザがアプリケーションの新しい権限を受け入れた時に確認できます。 ただしユーザレベルの権限は例外で、アカウントの所有者が変更を承認する必要はありません。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 左サイドバーで [Developer settings] をクリックします。 Developer settings(開発者設定)セクション
  3. 左のサイドバーでGitHub Appsをクリックしてください。 GitHub Apps セクション
  4. 権限を変更する GitHub App を選択します。 アプリケーションの選択
  5. 左サイドバーで、[Permissions & webhooks] をクリックします。 権限と webhook
  6. 変更したい権限を修正します。 権限の各タイプで、ドロップダウンメニューから [Read-only]、[Read & write]、[No access] のいずれかを選択します。 GitHub App に対する権限の選択
  7. [Subscribe to events] で、アプリケーションがサブスクライブするイベントを選択します。 GitHub App がイベントにサブスクライブするための権限の選択
  8. O必要に応じて、[Add a note to users] で注釈を追加し、GitHub App がリクエストする権限を変更する理由をユーザに伝えます。 GitHub App の権限を変更した理由をユーザに説明する注釈を追加するための入力ボックス
  9. [Save changes] をクリックします。 権限の変更を保存するボタン

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡