Skip to main content

GitHub App の権限を編集する

GitHub Appを登録した後に、アプリケーションの権限を変更できます。

注: アカウントまたは組織所有者が変更を承認するまで、更新したアクセス許可はインストールしたアプリケーションに反映されません。 InstallationEvent Webhook を使用して、ユーザーがアプリの新しいアクセス許可を受け入れるタイミングを確認できます。 例外の 1 つはユーザー レベルのアクセス許可であり、アカウント所有者がアクセス許可の変更を承認する必要はありません。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the left sidebar, click Developer settings. Developer settings

  3. 左側のサイドバーで、 [GitHub アプリ] をクリックします。 [GitHub アプリ] セクション

  4. 権限を変更する GitHub App を選択します。 アプリの選択

  5. 左側のサイドバーで、 [アクセス許可と Webhook] をクリックします。 アクセス許可と Webhook

  6. 変更したい権限を修正します。 アクセス許可の各タイプで、ドロップダウンメニューから [読み取り専用]、[読み取りと書き込み]、[アクセスなし] のいずれかを選択します。 GitHub App に対するアクセス許可の選択

  7. [Subscribe to events] で、アプリケーションがサブスクライブするイベントを選択します。 GitHub App がイベントにサブスクライブするためのアクセス許可の選択

  8. O必要に応じて、[Add a note to users] で注釈を追加し、GitHub App がリクエストする権限を変更する理由をユーザに伝えます。 GitHub App のアクセス許可を変更した理由をユーザに説明する注釈を追加するための入力ボックス

  9. [変更を保存] をクリックします。 アクセス許可の変更を保存するボタン