ja ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AE is currently under limited release. Please contact our Sales Team to find out more.

GitHub App の権限を編集する

After registering a GitHub App, you can modify your app's permissions.

注釈: アカウントまたは Organization のオーナーが変更を承認するまで、更新した権限はインストールしたアプリケーションに反映されません。 InstallationEvent webhook を使用すると、ユーザがアプリケーションの新しい権限を受け入れた時に確認できます。 ただしユーザレベルの権限は例外で、アカウントの所有者が変更を承認する必要はありません。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 左サイドバーで [Developer settings] をクリックします。
    Developer settings(開発者設定)セクション
  3. In the left sidebar, click GitHub Apps.
    GitHub Apps セクション
  4. 権限を変更する GitHub App を選択します。
    アプリケーションの選択
  5. 左サイドバーで、[Permissions & webhooks] をクリックします。
    権限と webhook
  6. 変更したい権限を修正します。 権限の各タイプで、ドロップダウンメニューから [Read-only]、[Read & write]、[No access] のいずれかを選択します。
    GitHub App に対する権限の選択
  7. [Subscribe to events] で、アプリケーションがサブスクライブするイベントを選択します。
    GitHub App がイベントにサブスクライブするための権限の選択
  8. O必要に応じて、[Add a note to users] で注釈を追加し、GitHub App がリクエストする権限を変更する理由をユーザに伝えます。
    GitHub App の権限を変更した理由をユーザに説明する注釈を追加するための入力ボックス
  9. [Save changes] をクリックします。
    権限の変更を保存するボタン

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.