Skip to main content

組織のセキュリティ保護

Organizationをセキュアに保つために、いくつものGitHubの機能が利用できます。

Who can use this feature

Organization owners can configure organization security settings.

はじめに

このガイドは、Organizationでのセキュリティ機能の設定方法を紹介します。 Organizationのセキュリティの要件は固有のものであり、すべてのセキュリティの機能を有効化する必要はないかもしれません。 詳細については、「GitHub セキュリティ機能」を参照してください。

一部の機能は、すべてのリポジトリに使用できます。 その他の機能は、GitHub Advanced Security を使うエンタープライズに使用できます。 詳細については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

Organizationへのアクセス管理

ロールを使って、個人が組織内で実行できるアクションを制御できます。 たとえば、チームにセキュリティ マネージャー ロールを割り当てて、Organization 全体のセキュリティ設定を管理する権限と、すべてのリポジトリの読み取りアクセス権を付与できます。詳しくは、「Organization のロール」をご覧ください。

Dependabot alerts及び依存関係グラフの管理

注: 現在、Dependabot alerts はベータ版であり、変更される可能性があります。

Enterprise の所有者は、Dependabot alerts を構成できます。 詳細については、「[エンタープライズの Dependabot の有効化](/admin/configuration/configuring-github-connect/enabling-dependabot-for-your-enterprise)」を参照してください。

詳細については、「Dependabot alerts について」、「リポジトリの依存関係の調査」、「組織のセキュリティと分析設定の管理」を参照してください。

依存関係レビューの管理

依存関係レビューとは、Advanced Security の機能であり、pull request の依存関係の変更をリポジトリにマージする前に視覚化することができます。 詳細については、「依存関係レビューについて」を参照してください。

依存関係のレビューは、your enterprise の依存関係グラフが有効にされていて、ユーザーが Organization の Advanced Security を有効にした場合に、使用できます (下記を参照してください)。

GitHub Advanced Securityの管理

Advanced Security 機能を有効または無効にすることができます。

  1. プロファイル画像をクリックし、 Organizations をクリックします。
  2. 組織の横にある Settings をクリックします。
  3. [セキュリティと分析] をクリックします。
  4. GitHub Advanced Security の横にある Enable all または Disable all をクリックします。
  5. 必要に応じて、 [Automatically enable for new private repositories](新しいプライベート リポジトリに対して自動的に有効にする) を選びます。

詳細については、「GitHub Advanced Security について」と「組織のセキュリティと分析設定の管理」を参照してください。

secret scanningの設定

Secret scanning は、安全に格納されていないシークレットのリポジトリをスキャンする Advanced Security の機能です。

エンタープライズが Advanced Security を使っている場合、Secret scanning を使用できます。

Advanced Securityが有効である組織のすべてのリポジトリに対して、secret scanning を有効または無効にすることができます。

  1. プロファイル画像をクリックし、 Organizations をクリックします。
  2. 組織の横にある Settings をクリックします。
  3. [セキュリティと分析] をクリックします。
  4. Secret scanning の横にある Enable all または Disable all をクリックします (GitHub Advanced Security リポジトリのみ)。
  5. 必要に応じて、 [Automatically enable for private repositories added to Advanced Security](Advanced Security に追加されたプライベート リポジトリに対して自動的に有効にする) を選びます。

詳細については、「Managing security and analysis settings for your organization (組織のセキュリティと分析の設定を管理する)」を参照してください。

code scanning の構成

Code scanning は、コードでセキュリティの脆弱性とエラーをスキャンする Advanced Security の機能です。

Code scanning は、エンタープライズが Advanced Security を使っている場合に使用できます。

Code scanning はリポジトリ レベルで構成されます。 詳細については、「リポジトリの code scanning の構成」を参照してください。

次の手順

セキュリティの機能からのアラートを表示及び管理して、コード中の依存関係と脆弱性に対処できます。 詳しくは、「リポジトリの code scanning を管理する」、「secret scanning からのアラートを管理する」をご覧ください。

ユーザーは、セキュリティの概要で自分の Organization が所有するリポジトリのセキュリティ アラートの表示、フィルター処理、並べ替えを行うことができます。 詳しくは、「セキュリティの概要について」をご覧ください。