Skip to main content

コード スキャンを使用したコード内のセキュリティ脆弱性とエラーの発見

code scanningを使ってコード中の潜在的なセキュリティ脆弱性やその他のエラーを特定して修正することによって、コードをセキュアに保ってください。

この機能を使用できるユーザーについて

Code scanning は、GitHub.com のすべてのパブリック リポジトリに使用できます。 Code scanning は、GitHub Enterprise Cloud を使用していて GitHub Advanced Security のライセンスを持つ Organization によって所有されるプライベート リポジトリでも使用できます。 詳しくは、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

コードスキャンの概要

code scanning とは何か、コードをセキュリティで保護する方法、および利用可能な code scanning ツールについて説明します。

Code Scanning の有効化

code scanning の既定のセットアップを使用して、コードをすばやく簡単にセキュリティで保護できます。

Finding security vulnerabilities and errors in your code with code scanning

code scanning 構成をより細かく制御するには、code scanning の詳細設定を使用してコードを保護できます。  

コード スキャン アラートの管理

code scanning アラートをトリアージ、追跡、解決する方法について説明します。

コード スキャン構成の管理

分析によって生成されたメトリックとログ出力を使用して、既存の code scanning 構成を管理できます。

Code scanningと統合する

データを SARIF ファイルとしてアップロードすることで、サードパーティーのコード解析ツールをGitHub code scanning と統合できます。

code scanning のトラブルシューティング

code scanning を使用してコードを分析する場合は、予期しない問題のトラブルシューティングが必要になることがあります。

SARIF アップロードのトラブルシューティング

code scanning 結果の SARIF ファイルを GitHub にアップロードする際の問題を解決する方法について説明します。