Skip to main content

ログの転送

GitHub AE は、syslog-ng を使用して、Git とアプリケーション ログを指定したサーバーに転送します。

ログの転送について

syslog スタイルのログ ストリームをサポートしているログ収集システムがサポートされています (LogstashSplunk など)。

ログ転送を有効にする場合、syslog エンドポイント間の通信を暗号化するために CA 証明書をアップロードする必要があります。 アプライアンスとリモート syslog サーバーは双方向 SSL を実行し、それぞれが他方に証明書を提供し、受信した証明書の有効性を検証します。

ログの転送を有効化

  1. GitHub AE の右上で、ご自分のプロファイル写真をクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。 GitHub AE のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise] 1. エンタープライズ アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 エンタープライズ アカウントのサイドバー内の [設定] タブ
  2. [設定][ログ転送] をクリックします。 [ログ転送] タブ
  3. [ログ転送] で、 [ログ転送を有効にする] を選択します。 ログ転送を有効にするチェックボックス
  4. [Server address] の下に、ログを転送するサーバーのアドレスを入力します。 [サーバー アドレス] フィールド
  5. [Protocol] ドロップダウンメニューを使用して、プロトコルを選択します。 [プロトコル] ドロップダウン メニュー
  6. 必要に応じて syslog エンドポイント間の TLS 暗号化通信を有効にするには、 [TLS を有効にする] を選択します。 TLS を有効にするチェックボックス
  7. [Public certificate] の下に、x509 証明書を貼り付けます。 公開証明書のテキスト ボックス
  8. [保存] をクリックします。 ログ転送の [保存] ボタン