ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

サイトアドミンのダッシュボード

サイト管理ダッシュボードを使って、GitHub AE内で直接Enterpriseのユーザ、Organization、リポジトリを管理できます。

ダッシュボードへアクセスするには、ページ右上の隅にある をクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン

ここで、ドメインや認証、SSL などの仮想アプライアンスの設定を管理するための Management Consoleを起動することができます。

Explorer

GitHub の 流行ページ のためのデータは、リポジトリとデベロッパーの両方において、日ごと、週ごと、月ごとの期間で計算されます。 Explore のセクションで、このデータが最後にいつキャッシュされたのかの確認や、新規流行計算ジョブをキューに挿入することができます。

Audit log

GitHub AEは、クエリで確認できる、監査されたアクションのログを保持しています。

デフォルトでは、Audit log は、監査されたアクション全てを新しい順で表示します。 「Audit log を検索する」で説明されているように、[Query] テキストボックスにキーと値のペアを入力して [Search] をクリックすることで、このリストをフィルタリングできます。

一般的な監査ログの詳細については、「監査ログ」を参照してください。 監査済みのアクションの全リストについては、「監査済みのアクション」を参照してください。

報告

your enterpriseにある、ユーザやOrganization、リポジトリについての情報が必要な場合、一般的には、GitHub API を使って、JSON のデータをフェッチします。 残念ながら、API は、必要なデータを提供しない可能性があり、使用するのには専門知識が必要です。 サイトアドミンのダッシュボードには代替手段として [Reports] セクションがあり、ユーザー、Organization、およびリポジトリに必要と思われるほぼすべての情報を掲載した CSV レポートを簡単にダウンロードできます。

具体的には、次の情報を含む CSV 報告をダウンロードできます。

  • 全ユーザ
  • 過去一ケ月の間、アクティブだった全ユーザ
  • 過去一ケ月、アクティブでなかった全ユーザ
  • 停止されている全ユーザ
  • 全ての Organization
  • 全ての リポジトリ

サイトアドミンのアカウントを用いて標準の HTTP 認証を使用すれば、これらのレポートにプログラムでアクセスすることもできます。 site_admin スコープで個人アクセストークンを使用する必要があります。 詳しい情報については、「個人アクセストークンを作成する」を参照してください。

たとえば、cURL を使用して "all users" レポートをダウンロードする方法は次のとおりです:

curl -L -u username:token http(s)://hostname/stafftools/reports/all_users.csv

他の報告にプログラムでアクセスするには、 all_usersactive_usersや、 dormant_userssuspended_usersall_organizationsall_repositories に置き換えてください。

注: キャッシュされた報告がない場合、最初の curl リクエストは、 202の HTTP レスポンスを返して、報告は背景で生成されます。 もう一度リクエストを送れば、その報告をダウンロードすることができます。 パスワードの代わりに、site_admin スコープでのパスワードまたはOAuthトークンを使うことができます。

ユーザ報告

キー説明
created_atユーザアカウントの作成時間(ISO 8601 のタイムスタンプ)
idユーザまたはOrganization のアカウント ID
loginアカウントのログイン名
emailアカウントのプライマリメールアドレス
ロールアカウントがアドミンか一般ユーザか
suspended?アカウントが停止されているか
last_logged_ip最後にアカウントにログインしたときの IP アドレス
reposアカウントが所有しているリポジトリの数
ssh_keysアカウントに登録されているSSHキーの数
org_membershipsアカウントが所属している Organization の数
dormant?アカウントが休眠であるかどうか
last_activeアカウントが最後にアクティブだったとき(ISO 8601 のタイムスタンプ)
raw_login(JSON フォーマットでの)未処理のログイン情報
2fa_enabled?ユーザが二段階認証を有効にしているかどうか

Organization の報告

キー説明
idOrganization の ID
created_atOrganization の作成時間
loginOrganization のログイン名
emailOrganization のプライマリメールアドレス
ownersOrganizationのオーナーの数
membersOrganization のメンバーの数
teamsOrganization のチームの数
reposOrganization のリポジトリの数
2fa_required?Organization が二段階認証を有効にしているかどうか

リポジトリ の報告

キー説明
created_atリポジトリの作成時間
owner_idリポジトリのコードオーナーの ID
owner_typeリポジトリの所有者がユーザか Organization か
owner_nameリポジトリの所有者の名前
idリポジトリの ID
nameリポジトリの名前
visibilityリポジトリが公開かプライベートか
readable_size人間が読める形式のリポジトリのサイズ
raw_size数字でのリポジトリのサイズ
collaboratorsリポジトリのコラボレータの数
fork?リポジトリがフォークであるかどうか
deleted?リポジトリが削除されているかどうか

Reserved logins

Certain words are reserved for internal use in your enterprise, which means that these words cannot be used as usernames.

For example, the following words are reserved, among others:

  • 管理
  • Enterprise
  • login
  • staff
  • サポート

For the full list or reserved words, navigate to "Reserved logins" in the site admin dashboard.

全ユーザ

ここでは、GitHub Enterprise Server インスタンス で一時停止されているすべてのユーザーを確認することができ、そして SSH キー監査を開始することができます。

リポジトリ

これは your enterprise 上のリポジトリのリストです。 リポジトリ名をクリックしてリポジトリを管理するための機能にアクセスできます。

全ユーザ

Here you can see all of the users on your enterprise, and initiate an SSH key audit.

サイトアドミン

ここでは、your enterprise 上のすべての管理者を確認することができ、そして SSH キー監査を開始することができます。

休眠ユーザ

Here you can see and suspend all of the inactive users on your enterprise. ユーザアカウントは、次の場合において、非アクティブ(休眠)とみなされます。

  • your enterprise 用に設定されている休眠しきい値よりも長く存在している。
  • その期間内にどのアクティビティも生成していない。
  • サイト管理人ではない

休眠の閾値は、休眠と見なされるまでにユーザがアクティブであってはならない期間です。 デフォルトの休眠の閾値は90日ですが、your enterpriseの休眠の閾値はカスタマイズできます。 詳細は「休眠ユーザを管理する」を参照してください。

停止されたユーザ

ここでは、your enterprise で一時停止されているすべてのユーザーを確認することができ、そして SSH キー監査を開始することができます。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?