ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Desktop を使った最初のリポジトリ作成方法

You can use GitHub Desktop to create and manage a Git repository without using the command line.

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

はじめに

GitHub Desktop は、コマンドライン上でテキストコマンドを使うのではなく、ビジュアルインターフェースを使って、あなたの GitHub.com ワークフローを拡張し簡略化します。 By the end of this guide, you'll have used GitHub Desktop to create a repository, make changes to the repository, and publish the changes to GitHub.

After installing GitHub Desktop and signing into GitHub or GitHub Enterprise you can create and clone a tutorial repository. The tutorial will introduce the basics of working with Git and GitHub, including installing a text editor, creating a branch, making a commit, pushing to GitHub.com, and opening a pull request. The tutorial is available if you do not have any repositories on GitHub Desktop yet.

We recommend completing the tutorial, but if you want to explore GitHub Desktop by creating a new repository, this guide will walk you through using GitHub Desktop to work on a Git repository.

Part 1: Installing GitHub Desktop and authenticating your account

You can install GitHub Desktop on any supported operating system. After you install the app, you will need to sign in and authenticate your account on GitHub or GitHub Enterprise before you can create and clone a tutorial repository.

For more information on installing and authenticating, see "Setting up GitHub Desktop."

Part 2: Creating a new repository

If you do not have any repositories associated with GitHub Desktop, you will see a "Let's get started!" view, where you can choose to create and clone a tutorial repository, clone an existing repository from the Internet, create a new repository, or add an existing repository from your hard drive. The Let's get started! screen

Creating and cloning a tutorial repository

We recommend that you create and clone a tutorial repository as your first project to practice using GitHub Desktop.

  1. [Create a tutorial repository and clone it] をクリックします。
    [Create and clone a tutorial repository] ボタン
  2. Follow the prompts in the tutorial to install a text editor, create a branch, edit a file, make a commit, publish to GitHub, and open a pull request.

新しいリポジトリの作成

If you do not wish to create and clone a tutorial repository, you can create a new repository.

  1. [Create a New Repository on your Hard Drive...] をクリックします。
    新しいリポジトリの作成
  2. Fill in the fields and select your preferred options.
    リポジトリの作成オプション
    • [Name] は、ローカルと GitHub の両方で使う、リポジトリの名前を定義します。
    • [Description] はオプションのフィールドで、リポジトリの目的に関する情報を提供するために使うことができます。
    • [Local path] は、お手元のコンピューターにおけるリポジトリの場所を設定します。 デフォルトでは、GitHub Desktop は Documents フォルダの中にGitHub フォルダを作成して、そこにリポジトリを保存しますが、保存するフォルダは任意の場所に設定可能です。 新しいリポジトリは、選択した場所の中のフォルダになります。 たとえば、リポジトリに Tutorial と名付けた場合、選択したローカルパスのフォルダの中に Tutorial という名前のフォルダが作成されます。 GitHub Desktop は、次に新しいリポジトリをクローンするか作成するときに、選択した場所を記憶します。
    • [Initialize this repository with a README] は、最初のコミットを README.md ファイル付きで作成します。 README は、人々がプロジェクトの目的を理解するために役立つので、これを選択して、README に役立つ情報を記載することをおすすめします。 GitHub でリポジトリにアクセスした人は、まず README を読んで、そのプロジェクトについて知ります。 詳細は「README について」を参照してください。
    • [Git ignore] ドロップダウンメニューは、バージョン管理で保存したくない、ローカルリポジトリ内で無視するファイルを指定するためのカスタムファイルを追加します。 If there's a specific language or framework that you'll be using, you can select an option from the available list. まだ始めたばかりの場合は、この選択について無視して構いません。 詳細は「ファイルを無視する」を参照してください。
    • [License] ドロップダウンメニューは、リポジトリの LICENSE ファイルにオープンソースライセンスを追加します。 ライセンスをすぐに追加する必要はありません。 利用可能なオープンソースライセンスと、それらをリポジトリに追加する方法についての詳細は「リポジトリのライセンス」を参照してください。
  3. [Create repository] をクリックします。

Part 3: Exploring GitHub Desktop

In the file menu at the top of the screen, you can access settings and actions that you can perform in GitHub Desktop. 作業の効率化のため、ほとんどのアクションにはキーボードショートカットも設定されています。 For a full list of keyboard shortcuts, see "Keyboard shortcuts."

The GitHub Desktop menu bar

At the top of the GitHub Desktop app, you will see a bar that shows the current state of your repository.

  • [Current repository] では、現在作業中のリポジトリ名が表示されます。 [Current repository] をクリックすると、GitHub Desktop の別のリポジトリに切り替えることができます。

  • [Current branch] では、作業中のブランチ名が表示されます。 [Current branch] をクリックすると、リポジトリ内のすべてのブランチの表示、別のブランチへの切り替え、新しいブランチの作成ができます。 リポジトリにプルリクエストを作成すると、[Current branch] をクリックしてプルリクエストを表示することもできます。

  • [Publish repository] が表示されるのは、まだリポジトリを GitHub に公開していないためです。これについては、次のステップで扱います。 This section of the bar will change based on the status of your current branch and repository. Different context dependent actions will be available that let you exchange data between your local and remote repositories.

    GitHub Desktop を探索する

Changes and History

左サイドバーには、[Changes] ビューと [History] ビューが表示されています。 The Changes and History tabs

  • [Changes] ビューは、現在のブランチで変更を行い、まだローカルリポジトリにコミットしていないファイルが表示されます。 At the bottom, there is a box with "Summary" and "Description" text boxes and a Commit to BRANCH button. これが、新しい変更をコミットする場所です。 The Commit to BRANCH button is dynamic and will display which branch you're committing your changes to. コミットエリア

  • [History] ビューには、リポジトリの現在のブランチにおける以前のコミットが表示されます。 リポジトリを作成したときに、GitHub Desktop によって作成された「最初のコミット」が表示されているはずです。 そのコミットの右側に、リポジトリを作成したときのオプションによっては、.gitattributes.gitignoreLICENSEREADME ファイルが表示されているかもしれません。 各ファイルをクリックすると、そのファイルの diff が表示できます。これは、コミットでファイルに行った変更を示すものです。 diff には、ファイル全体の内容ではなく、変更を行った部分のみが表示されます。 [History] ビュー

Part 4: Publishing your repository to GitHub

When you create a new repository, it only exists on your computer and you are the only one who can access the repository. You can publish your repository to GitHub to keep it synchronized across multiple computers and allow other people to access it. To publish your repository, push your local changes to GitHub.

  1. Click Publish repository in the menu bar.

    [Publish repository]

    • GitHub Desktop automatically fills the "Name" and "Description" fields with the information you entered when you created the repository.
    • Keep this code private lets you control who can view your project. If you leave this option unselected, other users on GitHub will be able to view your code. If you select this option, your code will not be publicly available.
    • The Organization drop-down menu, if present, lets you publish your repository to a specific organization that you belong to on GitHub.

    [Publish repository] のステップ

  2. Publish Repositoryボタンをクリックします。

  3. GitHub Desktop から GitHub.com のリポジトリにアクセスできます。 ファイルメニューで、[Repository] をクリックしてから [View on GitHub] をクリックしてください。 デフォルトブラウザで、リポジトリに直接移動します。

Part 5: Making, committing, and pushing changes

Now that you've created and published your repository, you're ready to make changes to your project and start crafting your first commit to your repository.

  1. To launch your external editor from within GitHub Desktop, click Repository, then click Open in EDITOR. For more information, see "Configuring a default editor."

    [Open in editor]

  2. Make some changes to the README.md file that you previously created. You can add information that describes your project, like what it does and why it is useful. When you are satisfied with your changes, save them in your text editor.

  3. In GitHub Desktop, navigate to the Changes view. ファイルのリストに、README.md が表示されているはずです。 The checkmark to the left of the README.md file indicates that the changes you've made to the file will be part of the commit you make. 今後、複数のファイルに変更を行って、そのうちの一部のファイルのみの変更をコミットしたい場合があるかもしれません。 If you click the checkmark next to a file, that file will not be included in the commit.

    変更を表示する

  4. [Changes] リストの下に、コミットメッセージを入力します。 プロフィール画像の右側で、コミットについて簡潔な説明を入力します。 ここでは README.md ファイルを変更するので、「プロジェクトの目的について情報を追加する」などがコミットの要約として良いかもしれません。 Below the summary, you'll see a "Description" text field where you can type a longer description of the changes in the commit, which is helpful when looking back at the history of a project and understanding why changes were made. 今は README.md ファイルの基本的な更新を行っているところなので、この内容は飛ばしてもかまいません。

    Commit message
    <<<<<<< HEAD

  5. Click Commit to BRANCH NAME. The commit button shows your current branch so you can be sure to commit to the branch you want.

    Commit to branch

  6. [Commit to master] をクリックします。 The commit button shows your current branch, which in this case is master, so that you know which branch you are making a commit to.

    [Commit to master]

    master

  7. 変更を GitHub のリモートリポジトリにプッシュするには、[Push origin] をクリックします。

    [Push origin]

  • The Push origin button is the same one that you clicked to publish your repository to GitHub. This button changes contextually based on where you are at in the Git workflow. It should now say Push origin with a 1 next to it, indicating that there is one commit that has not been pushed up to GitHub.
  • The "origin" in Push origin means that you are pushing changes to the remote called origin, which in this case is your project's repository on GitHub.com. GitHub に何か新しいコミットをプッシュするまで、お手元のコンピューターにあるプロジェクトのリポジトリと、GitHub.com にあるプロジェクトのリポジトリには違いがあります。 This allows you to work locally and only push your changes to GitHub.com when you're ready.
  1. In the window to the right of the Changes view, you'll see suggestions for actions you can do next. To open the repository on GitHub in your browser, click View on GitHub.
    Available actions
  2. ブラウザで、[2 commits] をクリックします。 GitHub にあるリポジトリの、コミットのリストが表示されます。 The first commit should be the commit you just made in GitHub Desktop.
    2 つのコミットをクリック

おわりに

You've now created a repository, published the repository to GitHub, made a commit, and pushed your changes to GitHub. You can follow this same workflow when contributing to other projects that you create or collaborate on.

参考リンク

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.