ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

コミットの打ち消し

特定のコミットを打ち消して、その変更をブランチから取り除くことができます。

コミットを打ち消しすると、打ち消し自体もコミットになります。 元のコミットもリポジトリの履歴に残ります。

ヒント:複数のコミットを打ち消しするときは、最新のコミットから最古のコミットまでの順で打ち消しするのがお勧めです。 別の順番でコミットを打ち消しすると、マージコンフリクトが発生する場合があります。

  1. History(履歴)をクリックしてください。
    サイドバーで選択されている履歴タブ
  2. 打ち消したいコミットを右クリックして、Revert This Commit(このコミットを打ち消し)をクリックしてください。
    Diffビューの上にあるRevertオプション
  1. History(履歴)をクリックしてください。
    サイドバーで選択されている履歴タブ
  2. 打ち消したいコミットを右クリックして、Revert This Commit(このコミットを打ち消し)をクリックしてください。
    Diffビューの上にあるRevertオプション

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.