👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.20

High Availability設定のリカバリ

GitHub Enterprise Server アプライアンスにフェイルオーバーした後は、単一のアプライアンスに頼るのではなく、できるだけ早く冗長性を取り戻す必要があります。

探していたものは見つけられましたか?

フェイルオーバーが計画済みのものだったり、アプライアンスの健全性に関係ないものである場合、以前のプライマリアプライアンスを新しいレプリカアプライアンスとして使用できます。 フェイルオーバーがプライマリアプライアンスの問題に関係しているなら、新しいレプリカアプライアンスを作成する方が良いでしょう。 詳しい情報については"High Availabilityレプリカの作成"を参照してください。

以前のプライマリアプライアンスを新しいレプリカとして設定する

  1. SSH を使用して以前のプライマリアプライアンスの IP アドレスに接続します。

    $ ssh -p 122 admin@FORMER PRIMARY IP
  2. 以前のプライマリアプライアンスで、以前のレプリカの IP アドレスを指定して ghe-repl-setup を実行します。

    $ ghe-repl-setup FORMER REPLICA IP
  3. プライマリアプライアンスの認証済みキーのリストに公開鍵を追加するには、https://<PRIMARY-HOSTNAME>/setup/settingsにアクセスし、レプリカからコピーした鍵をリストに追加してください。

  4. 新しいプライマリへの接続を確認し、新しいレプリカのレプリカモードを有効にするには、ghe-repl-setup をもう一度実行します。

    $ ghe-repl-setup FORMER REPLICA IP
  5. データストアのレプリケーションを開始するには、ghe-repl-startコマンドを使ってください。

    $ ghe-repl-start

    警告: ghe-repl-startを使うとプライマリサーバーは短期間利用できなくなり、その間ユーザにはinternal server errorが返されます。 もっと親切なメッセージを提供するには、ghe-repl-startをレプリカノードで実行する前にプライマリノード上でghe-maintenance -sを実行し、アプライアンスをメンテナンスモードにしてください。 レプリケーションを開始したら、ghe-maintenance -uでメンテナンスモードを無効化してください。

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください