ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.20

自動アップデートチェックの有効化

自動アップデートチェックを有効にすると、GitHub Enterprise Server インスタンス が最新の GitHub Enterprise Server リリースをチェックしてダウンロードします。

GitHub Enterprise Server インスタンス のアップグレードパッケージが自動的にダウンロードされると、GitHub Enterprise Server をアップグレードできることを知らせるメッセージを受け取ります。 パッケージはGitHub Enterprise Server インスタンスの /var/lib/ghe-updatesディレクトリへダウンロードされます。 詳細は「GitHub Enterprise Server をアップグレードする」を参照してください。

アップグレードにホットパッチが利用できる場合、.hpkg は自動的にダウンロードします。 管理コンソールでは、ホットパッチを直ちにインストールするか、後でインストールするようにスケジュール設定するかを選択できます。 詳細は「ホットパッチ付きでアップグレードする」を参照してください。

Tip: 自動アップデートチェックを有効化するには、GitHub Enterprise Server インスタンスはhttps://github-enterprise.s3.amazonaws.comに接続できなければなりません。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。
    左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. Management Consoleの上部でUpdates(アップデート)をクリックしてください。
    アップデートメニューアイテム
  4. Yes, automatically check for updates(はい、アップデートを自動的にチェックする)をクリックしてください。
    自動更新を有効化するためのボタン
  5. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。
    設定保存のボタン

インスタンスが最新の状態になっているかを知るには、Updatesタブのバナーを調べてください。

GitHub Enterprise Server のリリースを示すバナー

Logs(ログ)の下で、最も直近のアップデートチェックのステータスを確認できます。

アップデートのログ

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください