Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-06-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

ワークフローの監視とトラブルシューティング

ワークフロー内の各ステップの状態と結果を表示し、失敗したワークフローをデバッグし、ログを検索してダウンロードし、課金対象のジョブ実行時間 (分) を表示できます。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

監視とトラブルシューティングについて

GitHub Actions のツールを使って、ワークフローを監視およびデバッグすることができます。

視覚化グラフの利用

すべてのワークフローの実行は、実行の進行を示すリアルタイムのグラフを生成します。 このグラフを使って、ワークフローをモニタリング及びデバッグできます。

ワークフロー状態バッジの追加

リポジトリにステータスバッジを表示して、ワークフローのステータスを示すことができます。

ワークフロー実行の履歴を表示する

ワークフロー実行ごとにログを表示できます。 ログには、ワークフローの各ジョブとステップのステータスが含まれます。

ワークフロー実行ログの使用

ワークフロー実行の各ジョブのログを表示、検索、およびダウンロードできます。

デバッグ ログを有効にする

ワークフロージョブあるいはステップが期待どおりに動作しない理由を診断する上で、十分な詳細がワークフローのログになかった場合、追加のデバッグロギングを有効化できます。

ワークフロー実行の通知

トリガーするワークフロー実行に関する通知を受信登録できます。

GitHub Actions のサポートを利用する

GitHub Actions に関して GitHub Support からどのようなサポートを受けられるのかを説明します