Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-06-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

アクションの作成

独自のアクションを作成することも、GitHubコミュニティで共有されているアクションを使用し、必要に応じてカスタマイズすることも、自分でビルドするアクションを書いて共有することもできます。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

カスタム アクションについて

アクションとは、ジョブを作成し、ワークフローをカスタマイズするために組み合わせることができる個々のタスクです。 独自のアクションの作成、または GitHub コミュニティによって共有されるアクションの使用やカスタマイズができます。

Docker コンテナーのアクションを作成する

このガイドでは、Docker コンテナのアクションを作成するために最低限必要なステップを案内します。

JavaScript アクションを作成する

このガイドでは、アクションツールキットを使って JavaScript アクションをビルドする方法について学びます。

複合アクションを作成する

このガイドでは、複合アクションを構築する方法について学びます。

GitHub Actions のメタデータ構文

リポジトリでタスクを実行するアクションを作成できます。 アクションには、YAML 構文を使うメタデータ ファイルが必要です。

GitHub ActionsのためのDockerfileサポート

Docker コンテナー アクション用の Dockerfile を作成する際には、いくつかの Docker の命令が GitHub Actions やアクションのメタデータ ファイルとどのように関わるのかを知っておく必要があります。

アクションの終了コードの設定

終了コードを使って、アクションのステータスを設定できます。 GitHubは、パスした、あるいは失敗したアクションを示すステータスを表示します。

アクションとワークフローを企業と共有する

アクションまたは再利用可能なワークフローを公開せずに、企業とアクションまたはワークフローを共有できます。

アクションのリリースと管理

自動化とオープンソースのベスト プラクティスを活用して、アクションを解放および維持できます。