Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

大きなファイルを管理する

Git Large File Storage を使うと、大きなファイルを管理することができます。

GitHub での大きいファイルについて

GitHub Enterprise Server には、通常の Git リポジトリで追跡できるファイルのサイズに制限があります。 制限を超えるファイルを追跡または削除する方法について説明します。

Git Large File Storageについて

GitHub Enterprise Server には、リポジトリで許可されるファイルのサイズに制限があります。 この制限を超えるファイルを追跡するには、Git Large File Storage を使います。

Git Large File Storage をインストールする

Git LFS を使用するには、Git とは別の新しいプログラムをダウンロードしてインストールする必要があります。

Git Large File Storage を設定する

Git LFS をインストールしたら、それをリポジトリ内の大容量ファイルに関連付ける必要かあります。

Git Large File Storage でのコラボレーション

Git LFSを有効にすると、大容量のファイルも Git で扱う通常のファイルと同じようにフェッチ、修正、プッシュできます。 ただし、Git LFSを持っていないユーザの場合、ワークフローが異なります。

リポジトリのファイルを Git Large File Storage に移動する

Git LFS をセットアップしてあり、Git LFS で追跡する必要があるファイルがすでにリポジトリにある場合は、まずそれをリポジトリから削除する必要があります。

ファイルを Git Large File Storage から削除する

リポジトリに Git LFS をセットアップしてあれば、Git LFS からは、すべてのファイルを削除することも、ファイルのサブセットを削除することもできます。

Git Large File Storage のアップロード エラーを解決する

お使いの Git LFS ファイルが正しくアップロードできない場合、アップロード エラーのトラブルシューティングを行うためにいくつかの手順を実行できます。