Skip to main content

Dependabot のプライベート レジストリへのアクセスの構成

プライベート レジストリに格納されている依存関係にアクセスするように Dependabot を構成できます。 パスワードやアクセス トークンなどの認証情報を暗号化されたシークレットとして格納し、Dependabot 構成ファイルで参照できます。

プライベート レジストリについて

Dependabot version updatesにより、依存関係が最新の状態に保たれます。 Dependabot からパブリック リポジトリにアクセスできます。 さらに、プライベート パッケージ レジストリとプライベート GitHub リポジトリへのアクセス権を Dependabot version updatesに付与して、プライベートと内部ソースの依存関係をパブリック依存関係として最新の状態に保つことができます。

ほとんどのエコシステムでは、プライベート依存関係は通常、プライベート パッケージ レジストリに発行されます。 これらのプライベート レジストリはパブリックに相当するものに似ていますが、認証が必要です。

プライベート レジストリの構成

dependabot.yml ファイルでプライベート レジストリへの Dependabot のアクセスを構成します。 最上位の registries キーは省略可能であり、認証の詳細を指定します。 registries"*" に設定することで、定義されたすべてのリポジトリを使用できるようにすることができます。 また、更新が使用できるレジストリをリストすることもできます。 これを行うには、dependabot.yml ファイルの最上位の registries セクションで定義されているレジストリの名前を使います。

以下のオプションを使用して、アクセス設定を指定します。 レジストリの設定には、typeurl、そして通常は usernamepassword の組み合わせまたは token を含める必要があります。

オプション                説明
typeレジストリのタイプを指定します。 タイプの一覧については下記をご覧ください。
urlこのレジストリの依存関係にアクセスするために使用する URL。 プロトコルはオプションです。 指定しないと、https:// が想定されます。 Dependabot が必要に応じて末尾のスラッシュを追加または無視します。
usernameDependabot がレジストリにアクセスするために使用するユーザ名。
username は、アカウントのユーザー名またはメール アドレスです。
password指定したユーザのパスワードを含む Dependabot シークレットへのリファレンス。 詳しくは、「Dependabot のプライベート レジストリへのアクセスの構成」を参照してください。
password はユーザー名が指定したアカウントのパスワードです。 アカウントが GitHub アカウントの場合は、パスワードの代わりに GitHub personal access token を使用できます。
keyこのレジストリへのアクセスキーを含むDependabotシークレットへの参照 詳しくは、「Dependabot のプライベート レジストリへのアクセスの構成」を参照してください。
tokenこのレジストリへのアクセストークンを含む Dependabot シークレットへのリファレンス。 詳しくは、「Dependabot のプライベート レジストリへのアクセスの構成」を参照してください。
token は外部システムにアクセス トークンを提供するために使用します。GitHub personal access token を提供するために使用しないでください。 GitHub personal access token を使用する場合は、パスワードとして指定する必要があります。
replaces-baseレジストリ では、ブール値が true の場合、pip では Python Package Index のベース URL (既定では https://pypi.org/simple) ではなく、指定された URL を使って依存関係を解決します。

使用可能な構成オプション、その使用方法、サポートされている種類について詳しくは、「dependabot.yml ファイルの構成オプション」を参照してください。

Dependabot で使用する資格情報の格納

GitHub でサポートされているプライベート レジストリへのアクセス権を Dependabot に付与するには、レジストリのアクセス トークンまたはシークレットをリポジトリまたは Organization のシークレット ストアに格納します。

Dependabot に対する暗号化されたシークレットについて

Dependabot シークレットとは、Organization レベルまたはリポジトリレベルで作成する、暗号化された資格情報のことです。 シークレットを Organization レベルで追加した場合、そのシークレットにどのリポジトリがアクセスできるかを指定できます。 シークレットを使用して、プライベートパッケージレジストリにある依存関係を Dependabot が更新できるようにすることができます。 シークレットを追加すると、それが GitHub に届く前に暗号化され、それを Dependabot によりプライベート パッケージ レジストリにアクセスするために使用されるまで暗号化されたままとなります。

Dependabot シークレットには、Dependabot pull request によってトリガーされる GitHub Actions ワークフローで使用されるシークレットも含まれます。 Dependabot 自体では、これらのシークレットが使用されない場合がありますが、ワークフローでは必要です。 詳しくは、「GitHub ActionsでのDependabotの自動化」を参照してください。

Dependabot シークレットを追加後は、dependabot.yml 設定ファイルで ${{secrets.NAME}} のように参照できます。「NAME」は、シークレットに付けた名前としてください。 次に例を示します。

password: ${{secrets.MY_ARTIFACTORY_PASSWORD}}

詳しくは、「dependabot.yml ファイルの構成オプション」を参照してください。

シークレットに名前を付ける

Dependabot シークレットの名前には、以下の制限があります。

  • 英数字 ([A-Z][0-9]) またはアンダースコア (_) のみを含めることができます。 スペースは使用できません。 小文字を入力すると、大文字に変換されます。
  • GITHUB_ プレフィックスで始めることはできません。
  • 最初を数字にすることはできません。

Dependabot にリポジトリシークレットを追加する

個人アカウントのリポジトリにシークレットを作成するには、そのリポジトリのオーナーでなければなりません。 組織リポジトリのシークレットを作成するには、admin アクセス権が必要です。

  1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [設定] をクリックします。 [設定] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [設定] をクリックします。 タブを示すリポジトリ ヘッダーのスクリーンショット。 [設定] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. サイドバーの [セキュリティ] セクションで、 [シークレット] を選択し、 [Dependabot] をクリックします。

  4. [新しいリポジトリ シークレット] をクリックします。

  5. [名前] 入力ボックスにシークレットの名前を入力します。

  6. シークレットの値を入力します。

  7. [シークレットの追加] をクリックします。

    シークレットの名前が、Dependabot シークレットのページに一覧表示されます。 [更新] をクリックしてシークレットの値を変更できます。 [削除] をクリックしてシークレットを削除できます。

Dependabot に Organization シークレットを追加する

Organizationでシークレットを作成する場合、ポリシーを使用して、そのシークレットにアクセスできるリポジトリを制限できます。 たとえば、すべてのリポジトリにアクセスを許可したり、プライベート リポジトリまたは指定したリポジトリ のリストのみにアクセスを制限したりできます。

組織レベルでシークレットを作成するには、admin アクセス権が必要です。

  1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で、Organization のメイン ページへ移動します。

  2. 組織名の下で、 [設定] をクリックします。 [設定] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [設定] をクリックします。

    組織の水平ナビゲーション バーのスクリーンショット。 [設定] タブが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. サイドバーの [セキュリティ] セクションで、 [シークレット] を選択し、 [Dependabot] をクリックします。

  4. [新しい組織シークレット] をクリックします。

  5. [名前] 入力ボックスにシークレットの名前を入力します。

  6. シークレットの [値] を入力します。

  7. [リポジトリアクセス] ドロップダウンリストから、アクセスポリシーを選びます。

  8. [選択したリポジトリ] を選択した場合は、次のようにします。

    • をクリックします。
    • ダイアログ ボックスで、このシークレットにアクセスできるリポジトリを選びます。
    • [選択の更新] をクリックします。
  9. [シークレットの追加] をクリックします。

    シークレットの名前が、Dependabotシークレットのページに一覧表示されます。 [更新] をクリックしてシークレット値またはそのアクセスポリシーを変更できます。 [削除] をクリックしてシークレットを削除できます。