Skip to main content

project board にノートを追加する

project board にノートを追加して、タスクのリマインダーとして機能させたり、project board に関連する情報を追加したりすることができます。

ヒント:

  • ノートは、Markdown の構文で書式設定できます。 たとえばヘッディング、リンク、タスクリスト、絵文字を使うことができます。 詳細については、「基本的な書き方とフォーマットの構文」を参照してください。
  • ドラッグアンドドロップやキーボードのショートカットを使用してノートを並び替えたり列間で移動させたりできます。 キーボード ショートカットの詳細については、「キーボード ショートカット」の「プロジェクト ボード」を参照してください。
  • ノートを追加するには、project board に少なくとも 1 つの列が必要です。 詳細については、「プロジェクト ボードの作成」を参照してください。

issue、pull request、または別の project board に対する URL をノートに追加すると、テキストの下のサマリー カードにプレビューが表示されます。

Issue および他のプロジェクトボードのプレビューを表示しているプロジェクトボードカード

project board にノートを追加する

  1. ノートを追加する project board に移動します。

  2. メモを追加する列で [] をクリックします。 列ヘッダー内のプラス アイコン

  3. メモを入力し、 [Add](追加) をクリックします。 メモの入力フィールドとカードの追加ボタン

    ヒント: メモ内で issue または pull request を参照するには、カードにその URL を入力します。

ノートの Issue への変換

ノートを作成した後に、それでは必要を十分満たせないことが分かった場合、Issue に変換できます。

ノートを Issue に変換した場合、ノートの内容を使って Issue が自動的に作成されます。 ノートの先頭行が Issue のタイトルになり、ノートのそれ以降の内容が Issue の説明に追加されます。

ヒント: メモの本文にコンテンツを追加して他のユーザーを @mention したり、別の issue や pull request にリンクしたり、絵文字を追加したりできます。 これらの GitHub 形式の Markdown の機能は、project board のノート内ではサポートされていませんが、ノートが issue に変換されると、正しく表示されるようになります。 これらの機能の使用方法の詳細については、「GitHub での書き込みと書式設定について」を参照してください。

  1. Issue に変換したいノートにアクセスしてください。
  2. ノートの右上隅で、 をクリックします。 ノートの右上にある水平ケバブ アイコン
  3. [Convert to issue](issue に変換) をクリックします。 [Convert to issue](issue に変換) ボタン
  4. カードが Organization 全体の project board 上にある場合は、ドロップダウン メニューで issue を追加するリポジトリを選びます。 issue を作成できるリポジトリのリストを示しているドロップダウン メニュー
  5. 事前に記入された Issue のタイトルを編集することもできます。そして Issue の本文を入力してください。 issue のタイトルと本体のためのフィールド
  6. [Convert to issue](issue に変換) をクリックします。
  7. ノートは自動的に Issue に変換されます。 project board で、新しい issue のカードは以前のノートと同じ場所に置かれます。

ノートの編集と削除

  1. 編集あるいは削除したいノートにアクセスします。
  2. ノートの右上隅で、 をクリックします。 ノートの右上にある水平ケバブ アイコン
  3. メモの内容を編集するには、 [Edit note](メモの編集) をクリックします。 メモの編集ボタン
  4. メモの内容を削除するには、 [Delete note](メモの削除) をクリックします。 メモの削除ボタン

参考資料