Skip to main content

GitHub におけるコミュニティの会話のベストプラクティス

ディスカッションを使用して Team とブレインストーミングを行い、作業を確認する状況が整ったら、最終的に会話を issue に移すことができます。

GitHub Discussions 内のコミュニティの会話

GitHub Discussions はオープン フォーラムのため、コード以外のコラボレーションをプロジェクトのリポジトリまたは Organization に取り込み、さまざまなフィードバックやアイデアをより迅速に収集する機会があります。 さまざまな方法で生産性の高い会話を促進できます。

  • 特定のフィードバックを収集するために、直接的な質問とフォローアップの質問をする
  • 多様なエクスペリエンスをキャプチャし、それを要点に絞り込む
  • Issue をオープンし、会話に基づいてアクションを実行する (該当する場合)

Issue を開き、ディスカッションを相互参照する詳細については、「コメントから Issue を開く」を参照してください。

GitHubでの会話について学ぶ

希望する会話のタイプに応じて、ディスカッション、Issue、プルリクエストを作成して参加できます。

GitHub Discussions を使用して、全体像のアイデアについて話し合い、ブレインストーミングを行って、プロジェクトを Issue にコミットする前にプロジェクトの特定の細部を詰めて、スコープを設定できます。 GitHub Discussions は、さまざまなシナリオで Team に役立ちます。

  • プロジェクトの検出フェーズで、Team が進む方向をまだ検討している場合
  • より広いコミュニティからプロジェクトについてのフィードバックを収集する必要がある場合
  • バグ修正、機能リクエスト、一般的な会話を別々に保持する必要がある場合
  • 新しいアイデアへの関心を測定し、投票を使用してコミュニティの意見を評価する必要がある場合

リポジトリのディスカッションを使用して、リポジトリに固有のトピックについて説明できます。 プロジェクトが複数のリポジトリにまたがる場合は、Organization のディスカッションを使用して、Organization 内の 1 つのリポジトリに固有ではないトピックについて話し合うことができます。

Issueは、バグレポートや計画された改善など、プロジェクトの特定の詳細についての議論に役立ちます。 詳細については、「Issue について」を参照してください。 プルリクエストでは、提案された変更に直接コメントできます。 詳細については、「pull request について」および「pull request へコメントする」を参照してください。

コントリビューションガイドラインに従う

リポジトリでディスカッションを開く前に、そのリポジトリにコントリビューション ガイドラインがあるかどうかをご確認ください。 CONTRIBUTING ファイルには、リポジトリメンテナがプロジェクトにアイデアを提供する方法に関する情報が含まれています。

詳細については、「健全なコントリビューションを促すプロジェクトをセットアップする」を参照してください。

次の手順

GitHub Discussions について引き続き学び、コミュニティのディスカッションをすばやく作成するには、「GitHub Discussions のクイックスタート」を参照してください。

参考資料