Skip to main content

Adding a security policy to your repository

この記事では、次の項目が扱われます。

You can give instructions for how to report a security vulnerability in your project by adding a security policy to your repository.

About security policies

To give people instructions for reporting security vulnerabilities in your project, you can add a SECURITY.md file to your repository's root, docs, or .github folder. When someone creates an issue in your repository, they will see a link to your project's security policy.

You can create a default security policy for your organization or personal account. For more information, see "Creating a default community health file."

Tip: To help people find your security policy, you can link to your SECURITY.md file from other places in your repository, such as your README file. For more information, see "About READMEs."

By making security reporting instructions clearly available, you make it easy for your users to report any security vulnerabilities they find in your repository using your preferred communication channel.

Adding a security policy to your repository

  1. On your GitHub Enterprise Server instance, navigate to the main page of the repository.

  2. リポジトリ名の下にある [ セキュリティ] をクリックします。 [セキュリティ] タブ

  3. In the left sidebar, click Security policy. Security policy tab

  4. Click Start setup. Start setup button

  5. In the new SECURITY.md file, add information about supported versions of your project and how to report a vulnerability.

  6. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳細については、「複数の共同作成者とのコミットの作成」を参照してください。 変更のコミット メッセージ

  7. コミットメッセージフィールドの下で、コミットの追加先を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳細については、「新しい pull request の作成」を参照してください。 コミット ブランチのオプション

  8. [ファイルの変更の提案] をクリックします。 [ファイルの変更の提案] ボタン

Further reading